鉄道のある風景

2015年11月18日 (水)

特別なトワイライトエクスプレス再び

今回は、天気があまり良くない事は織り込み済みでしたが、それでもせっかくの片道400km近い遠征なので、一か八か広島との県境に近い雲海スポットへも出向くことに・・・

・・・結果は撃沈。

Pb170013_2

弥高山 展望台から西を眺望

時間と共にどんどん霧に包まれる始末だったので、諦めて備中高梁駅方面へ向かうことにしました。

 

さて本題のDD51重連トワイライトエクスプレスですが、今回できれば追いかけてみようかと思い、新見まで行ってみますが、結果阿哲峡に迷い込み、拝む事も出来ず撃沈。

最終的には一気に戻り、第一高梁橋梁にて。

Pb170024_5

備中川面-木野山

あいにくの小雨模様でしたが、何とか撮れたので、一安心。

 

雨は激しくなってきましたが、まだ時間があったので、美袋(みなぎ)駅でも少しDD51重連と戯れて・・・。

Pb170033_2

 

この駅でDD51と交代し、大阪まで牽引するトワ釜EF65ともご対面。

Pb170046_2

この美袋駅は、父親の生家の最寄り駅なので、この後ついでに、30分ほど峠を登り、爺さんの墓参りも済ませ、帰路に。

 

今回の撮影は、後半あいにくの雨模様でしたので、カメラもレンズもびしょびしょになっちゃいました。

それでも躊躇なく撮ることが出来たのは、OM-D E-M1とM.ZUIKO PROレンズの防塵防滴性能のおかげです。

ありがたい事です。

 

旅のお供レンズ&カメラ

 
   

 

 

宜しければ (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
 
チャーム本店
 

2015年11月 4日 (水)

伯備線を行くDD51重連トワイライトエクスプレス

弾丸で伯備線へ出かけてきました。

Pb030029_2

矢倉峠の夜明け

 

江府IC到着時、ガソリンが底をついたので、24時間ガソリンスタンドを探し求めて、20キロほど北上し、伯耆町(ほうきちょう)辺りまで行くことに。

そしてその帰路の峠道で、美しい景色に出会うことが出来ました。

濃霧が発生していたので、高い山に登れば雲海を見ることが出来たのですが、今回は時間が無く土地勘も無いので諦めることに。

 

Pb030047_7

紅葉の高梁川沿い井倉峡を行くDD51重連トワイライトエクスプレス

 

そろそろこの辺りも紅葉が見頃になりつつあります。

 

この辺りはカルスト台地が点在し、撮影場所の少し上流にも井倉峡や井倉洞と言う石灰岩の地層が作り出した自然美が存在します。

私の父の生家がこの近くにあり、私も幼少の頃、親戚一同で井倉洞を訪れた記憶が微かに残っています。

今回は時間に余裕が無かったため訪れることが出来なかったので、次回に行ってみたいと思います。

 

そして今回は祝日が重なっていたので、トワイライトエクスプレス撮影ギャラリーが非常に多く、ここより上流や鳥取県側の有名どころは何処も人で一杯でした。

私は高梁川と紅葉が入るロケーションで、のんびり待ちたかったので、少し下流のこの場所にしましたが、それでも通過前には3人ほどが来られました。

次回があれば、俯瞰気味に撮ってみたいですね。

 

旅のお供レンズ&カメラ

 
   

 

 

宜しければ (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
 
チャーム本店
 

2015年9月29日 (火)

ツーリング?乗り鉄?ハイブリッドもたまにはOK

2日目は、桂浜に寄って、その後ゆっくり帰路へ・・・

と思っていたのですが!

趣向を変えて、ツーリング途中で土讃線に乗車してみることに。

 

P9210093_2

 

祖谷口駅の待合所。

 

 

 

P9210106_2

 

シジュウカラ属のヤマガラが、数匹遊んでいました。

少し青み掛かった頭や羽と、お腹のオレンジがキレイですね。

この鳥は非常に賢く芸達者らしいのですが、今では鳥獣保護法に守られて、お披露目の舞台は無いそうです。

残念。

 

 

 

P9210110_2

 

そして、コスモスに囲まれた線路柵にはスズメが遊びに来ました。

2枚ともトリミング済。

さすがに小鳥には、420mm(35mm換算)では役不足感があります。

 

 

 

P9210113_2

 

ホームの確認ミラーで自撮り(^-^;

何かおかしいよね。

右目が使い物にならないから左目でファインダー覗いてるんですcrying

 

 

 

P9210116_4

 

JR四国 1000形気動車。

この気動車に乗って4~5駅程散策。

 

 

 

P9210146_2

 

夕日に映える線路脇のコスモス(豊永駅)。

 

 

 

P9210135_2

 

イベントの帰りでしょうか。

そう言えば、乗り合わせたニコン使いの方が、この駅は桜の季節が最高で、一番好きな駅だと言っていました。

この時期はコスモスと彼岸花ですね。

 

 

 

P9210162_3

 

時間合わせで豊永駅に20分以上停車していた、乗車してきた気動車が、薄い煙を吐きながら高知方面へと消えていきます。

 

しかしながらこの散策で、安宅屋羊羹がタイムオーバーになってしまい、少し残念。

お取り寄せしてみようかな。

 

旅のお供レンズ&カメラ

 
   

 

 

宜しければ (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
 
チャーム本店
 

2015年7月22日 (水)

第一白川橋梁と南阿蘇鉄道

久しぶりの更新は、久しぶりに撮った鉄道の風景です。

 

台風11号に嫌がらせをされながらも、何とか出航したサンフラワーに乗船して、九州やまなみハイウェイへ、ツーリングに出かけました。

台風一過の青空とまではいきませんでしたが、阿蘇の牧草地帯をバイクで走るのは、とても気持ちいいものですね。

 

P7180005ab

E-M1 LUMIX G VARIO 7-14/F4.0 ISO200 1/1600 F4.0 14mm(35mm換算)

今回は、大型2台、中型3台、小型1台の計6台チャンポンでした。

 

やまなみハイウェイを無事走破して、夕方の一休みに、第一白川橋梁でパチリ!

P7180064abc
E-M1 M.40-150mm F2.8+MC-14 ISO200 1/40 F4.0 154mm(35mm換算)

第一白川橋梁とMT-3000形気動車

周りを鬱蒼とした阿蘇北向谷原始林に覆われたこの橋は、昭和2年着工、翌年完成した日本国有鉄道最初の鋼製アーチ橋です。

 

当時高さ日本一だった(現在は高千穂橋と沢橋梁に次ぐ高さ)と言う事で、64.5mもあるそうです。

 

原始林の緑と、鉄橋のレンガ色のコントラストが綺麗ですね。

 

ただ、夏とは言え、山間部の18時前後は見る見る薄暗くなる時間帯で、最終的にシャッタースピードが1/40となってしまい、電車が若干被写体ブレしているのが残念です。

テレコンを外すか、ISO上げれば良かったんですが、久しぶりで気が回りませんでした。

 

この右側には、余部橋梁無き今、トレッスル橋で日本最長の立野橋梁があるのですが、今回は時間が無く、おあずけです。

 

 

宜しければ (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
 
チャーム本店
 

2011年11月 5日 (土)

夕方の阪堺線を流し撮り

今日は、課題であるスローシャッターでの流し撮りの練習に、愛機Canon PowerShot G12 を片手に、鉄橋をゆっくり走る、阪堺電気軌道・阪堺線のちんちん電車を教材にしようと、大和川橋梁までやってきました。

 

フィルム一眼レフ時代は、それ程難しいとも思わなかった流し撮りですが、コンデジとなると一変、結構難しいですsweat01

 

何が難しくさせているかなんですが・・・

ファインダーがほとんど使い物にならないので、液晶を使う為なのです。

→ファインダーを覗いての流し撮りは、カメラと目の動きに、それ程違いが生まれないのでやりやすいが、液晶だと目の動きを手で追わないといけないので、ラグや誤差が激しくなる。

→加えて液晶自体の表示にタイムラグがある。

 

まあ、とにかく練習開始(*^-^)

Img_2418

露出時間 : 1/8秒
レンズF値 : F4.5
ISO感度 : 80

 

 

曇り空の夕方と言ってもPM4:41とあって、まだ見た目にも周りが明るいのでAFでギリですがピントが合います。

今日の練習は、スローシャッターでの流し撮りなので、Tv1/8以下です。

 

 

可愛い子猫が横切ったので・・・

Img_2465

露出時間 : 1/4秒
レンズF値 : F4.5
ISO感度 : 80

 

 

流石に動物は、頭や体が動いているので、中々上手く行きませんね(汗)

液晶では失敗したと思っていたのですが、うちに帰ってモニタで確認したら、何だか面白いので掲載coldsweats01

 

  

 

Img_2472

露出時間 : 1/8秒
レンズF値 : F4.5
ISO感度 : 100

 

 

少々暗くなってきたのでISOを100にしてパシャリcamera

これは上手くいった一枚です。

 

G12は連写が1枚/秒とお粗末なので、こんな向かってきたり、追いながらのシチュエーションでは、連写してもピントが一枚目しか合いません。

 

 

 

Img_2466

 

私の前に、眼光鋭くドカッと腰をおろしたように丸まる、白黒の気合の入った猫。

 

そんなことよりエサくれっっ!!て感じです。

 

良く見ると右目を負傷しているようで、野良の厳しさを垣間見る事ができます。

 

 

 

Img_2476

露出時間 : 1/8秒
レンズF値 : F4.5
ISO感度 : 80

 

 

前の写真の5分後くらいの電車でISOを80に戻してみる。

こうなるとAFは使い物にならず、完全に置きピン(あらかじめ決めたところでピントを合わせておく)しないとピントが合いません。 

 

 

 

Img_2501

露出時間 : 1/4秒
レンズF値 : F4.5
ISO感度 : 800

 

 

更に日没へのスピードは加速度を増し・・・

ISOも一気に800に上げ・・・

こうなると10枚撮っても1~2枚レベルしか成功しません。

 

 

 

Img_2514

露出時間 : 1/4秒
レンズF値 : F4.5
ISO感度 : 3200

 

辺りも肉眼で既に暗くなっていき・・・ISO3200(マニュアルでのMAX) 

こうなってはある程度成功しても、“写ったよ”というレベルなので、終了。

 

この日50枚くらい撮影して、見られるレベルの物は、上の写真を含めて10枚程度。

成功率2割では、いざと言う時には使えませんね (;´д`)トホホ…

 

 

 

 

宜しければ (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

upwardrightブログランキングサイト参加中!押して頂けると嬉しいです。upwardleft

2011年10月30日 (日)

再び紀勢本線へ

何故か最近鉄道と風景にはまってしまい、再び紀勢本線非電化区間に足を運んでしまいました。

 

何故鉄道?

これは良くわかりませんが・・・撮影の勉強になるような気がする?

まあ早く言えば、私の腕が未熟故に失敗写真ばかり撮ってしまい、このままでは終われないと、勝手にターゲットにしてしまっているからなのですsad

 

そして非電化区間と言うのは、当たり前の事ですが鉄道の為の電線が無い為、写真にするとスッキリして見栄えがするような気がします。

(いわゆる電車では無く・・・ディーゼルエンジンで走る機関車や気動車が活躍する区間)

 

更にローカルなロケーションが、癒しを与えてくれます。

 

今回で3回目で、1回目は天候に恵まれましたが、紀伊半島を一周したので、非電化区間に到達する頃には陽も陰り、ほとんど撮影できなかったですし、2回目は降水確率20%の曇りに訪れたにもかかわらず、雨で散々。

なので今回は、天気予報で晴れの日を狙って敢行しました。

 

Img_2085

 

明け方はまだ雲が残っていましたが、これから一日晴れるよ!と言わんばかりの朝焼けでした。

 

 

まずは前回失敗した三瀬谷ダムサイトの橋梁からスタート。

 

Img_2086

 

ターゲット一台目キハ40系気動車(322D)が通過する時は、何故か大きな雲が集団で流れて来て、日が差していた橋梁もご覧の通り日陰に・・・。

 

気を取り直して、朝のお目当て“DD51(2089レ)ディーゼル機関車”を待つも、大きな雲の集団が中々離れてくれないsweat02

 

折角三重まで来たんだから雲よ退いてくれ~と祈っては見ても・・・ 

Img_2088

 

どよ~ん(|||▽||| )

 

今回は、前回間違えたシャッタースピードも確認したので、被写体ブレは、ほぼ無い?ですが、暗~い!!

やはりどうにもタイミングが合いません(;ω;)

構図も晴れた空を期待して縦にしましたが、こんな事なら横の方が・・・と言う感じですね。

 

 

気を取り直して、DD51を追いかけて撮影場所を模索。

でも今回は遅い車に数々阻まれたので、前回と同じ時間的に余裕がある場所まで行く事に。

Img_2090

 

この時間になると雲は嘘のように無くなり、照りつける太陽が眩しくて仕方がないほど。

この普通列車(324C)キハ40系気動車はそれなりに撮れたのですが・・・

 

 

Img_2092

 

DD51(2089レ)825号機はやや迫力不足に・・・。

前回は後ろがギリギリで迫力はあったが少し後悔していたので、今回は全体を入れることに・・・

でもそれに気を取られ過ぎて・・・。

 

ホントむずい( ̄Д ̄;;

 

 

くよくよしても始まらないので、林道を登って山の上へ・・・

そう、白石湖と熊野灘が見下ろせる天狗倉山絶景ポイントへ。

 

Img_2109

(通過車両は327Dキハ40系気動車)

 

こんな晴れた日なら、一日中ここに居ても飽きないくらいの絶景。

前回はここで雨に降られびしょ濡れになった場所ですが、今回はサイコーに晴れ渡っていました(*'-'*)

 

 

 

Img_2117

(通過列車は326Dキハ40系気動車)

地図

白石湖のアップ!

こちらはPLフィルターを使用したので空がより青く!!

最高の一枚が撮れました。

 

 

 

更に南下して賀田へ。

ここは初めてなので少し迷いましたが、城山公園の駐車場にバイクを止め、遊歩道を少し入った場所に、絶景ポイントを確認出来たので、そこで撮影(通過列車は328C)。

Img_2143

(通過列車は328Cキハ40系気動車)

地図

白石湖でPLフィルターを使って良い感じだったので、ここでも使ってみましたが、雲ひとつ無い状態だからか、空が青くなりすぎてしまいました。

液晶で確認しようにも、明るすぎて良く分からない状態なので、こういうのは後からRAW現像する時まで気付きませんでした。

展望自体は、この場所よりも更に500mほど登ると、浄の城の砦跡があり、そこの物見岩からだと、更に絶景が見渡せます。

この辺りは4月頃につつじ祭りが行われるそうなので、それに合わせて来る方が、より楽しめるのかなと思いました。

 

 

 

ここでカメラのバッテリーが無くなり撮影はTheEnd.

結局無駄に構図を悩んだり設定を悩んだり、更には液晶を長時間点けっ放しすぎなのです。

 

この後、波田須とそれ以南を少しロケハンして帰路につきました。

帰りはキツイですが関まで下道を使用し名阪国道へ。

充実した一日になりましたが、またカメラの難しさを再痛感する一日でもありました。

 

 

今回の風景写真に入れ込んだ列車は、全てキハ40系気動車にしました。

この路線では一番風景に溶け込みやすく、更に目立つ色だと思います。

 

 

約560km

 

 

宜しければ (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

upwardrightブログランキングサイト参加中!押して頂けると嬉しいです。upwardleft

ぶらっと和歌山電鐵

和歌山電鐵と言えば、猫が駅長を務める“たま駅長”の貴志駅が有名ですね。

 

”住民運動から廃線を免れ、岡山電気軌道が100%出資して再建された鉄道会社で、猫が駅長を務めている”なんて、ロマンがありますね~( ^ω^ )

 

私が知ったのは4年程前で、当時和歌山電鐵は再建当初で、ねこが駅長である等TVで色々話題になっており、たまたまそれを見て知ったのですが・・・

初めて行ったのは、イチゴ狩りのついでに寄った2008年の春だったと思います。

 

その時は、ボロボロの駅舎に猫小屋(駅長室)があり、“たま”目当ての観光客で賑わっていました。

 

そして最近風景と電車を撮りに行くようになり、友人から和歌山電鐵の話が出たので懐かしくなり、行ってみる事に・・・

 

Img_1843

 

じゃ~ん!!

 

久しぶりに貴志駅に着くと・・・びっくり仰天!!

ボロボロだった駅舎が、ピカピカの猫型に変身しているのでした w(゚o゚)w

観光客用にトイレも外に完備され喫茶室みたいなのまでありました。

 

たまはと言うと・・・

 

Img_1842

 

いました!!

 

昔(3年前)と変わらず、ふくよかなお体で・・・

でも入れられている猫舎は、リニューアルで綺麗にはなったが、暗く狭くなっていました。

更に以前は母猫等いたのですが見当たらず・・・(後で他界したと知りました)

まあでもたまは元気で良かったconfident

 

でもビックリしたのは駅舎だけではありません!

Img_2019

 

電車にヒゲが生えて、たまのイラストがちりばめられていました!!

 

横から見ると・・・

Img_19951

 

たまのイラストがビッシリ!!

 

猫好きの私には堪らない電車となっていましたlovely

 

 

更に驚きは・・・イチゴ電車とおもちゃ電車まであると言うことです。

Img_2007

 

右がイチゴ電車で左がおもちゃ電車!

 

これまた乗って見たくなるようなラグジュアリーさhappy02

内装もかなり凝っているようです!!

Img_1994

 

コスモスと一緒におもちゃ電車! 

 

 

全てたま人気の賜物でしょうが、これほどまでとは凄まじい勢いですねcoldsweats01

更に沿線も活気だって、住宅地もどんどん増えていました。

この電車で通学・通勤なんて・・・考えただけでも楽しそうですね(o^-^o)

 

Img_2010

 

線路脇のタンポポも何か凛々しく見えます。

近々再訪したいものです。

 

約160km

 

 

宜しければ (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

upwardrightブログランキングサイト参加中!押して頂けると嬉しいです。upwardleft

2011年10月22日 (土)

秋の山陰路

★゜・。。・゜゜・。。・゜因幡と但馬を訪れる☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 

 

 

Img_1802     Img_1807

地図

国道176号線-国道9号線で、兵庫県に数多あるスキー場を横断し、AM5時過ぎに新温泉町に入り、県道47号線経由で国道178号線へ。

AM6時前に浜坂駅前を通過し、更に新しくなって味が無くなった餘部橋梁下をパスして兵庫県側から七坂八峠に。

鳥取県との県境に陸上(くがみ)岬展望台(写真上左)への遊歩道があります。

が・・・この遊歩道、距離にして500m以下なのですが、下草が生え放題で足場は悪く、あまり誰も入って無い事が丸分かりです。

実際突き当たりに、これまた管理状態が悪い、直径5m位の2段展望台があるだけ。

でも夕日の時刻なら感動するロケーションかもしれませんnote

上右の写真は遊歩道に入る手前のベンチ付近から東浜海水浴場を撮影camera

 

 

 

Img_1816ベンチで軽い朝食を食べた後、次の目的地“居組諸寄林道”に向かったのですが 、何処から入るのか分からず四苦八苦sweat02

居組側からも諸寄側からも全く分からず、軽~く1時間以上迷子になりながら、ようやく諸寄側からの進入路が分かったのですが“崩落の為通行止め”で作業の車が“通せんぼ”!

ここまで来て諦めが付かず居組側を再捜索。

地図

そちらも通せんぼされていたら諦めようと思ったのですが、看板のみで車も人影も無しだったので、自己責任で進入。

思ったほどのダメージは無く頂上まで。

ただ・・・見晴らしは非常に良いのですが・・・絶好のビューポイント(写真)でキイロスズメバチに目を付けられ半泣きにweep

ろくな写真が撮れず下山するハメに(ノ_-。)

残念無念とはこの事ですが、元々通行止め、引き際が肝心なので次の目的地へ。

 

 

国道178号線を香住方面へ行き、柴山駅から東へ延びる林道で佐古峠へ。

ただ、この林道が今回の最大の難所である事は、まだ知る良しもありませんshock

 

林道に入って直ぐは、さっきの居組諸寄林道と同程度かなと思いきや、500~600m位の場所で、突然倒木が行く手を阻みます。

その向こうにも倒木が見えるのでバイクはここで断念┛)"0"(┗ オーマイゴーッド!!

折角来たのでバイクは置いて歩いて登る事にしました。

ただ、初めて来たので、後どれ位登れば良いかも分からず、更に・・・10年前は林道と呼べたかもしれない、倒木と落石と蜘蛛の巣と下草まみれの道を、30分以上歩いたでしょうか・・・

少しだけ道幅が広くなった所に、突然白い灰皿(スイガラ入れと書いてある)が現れたので、やっとかと思い辺りを見回すも、何も無く、急な登り道(分かれ道)があるのみ、仕方無しに歩みを進めると、10分程度でまた白い灰皿が・・・。

再度周りを見渡すと・・・草にまみれたブランコ!

ネットに記されていた場所である。

胸を撫で下ろし、奥を少し尾根伝いに降りてみると・・・おおっw(゚o゚)w オオー!このロケーション!まさしく此処だhappy02 

でも、もう少し下の方が良さそうな感じが・・・と思って更に尾根を少し下ると・・・巨大なハチが前方下の地面からホバリング気味に現れ、目が合う!

今回のは前回のと違う!“デカイ!!”

これはまさしくオオスズメバチ!!

後ずさりしながら、速攻引き返して初めの場所にcoldsweats02

でも今回はしつこく無く、初めの場所には威嚇しに現れて来ない、なので少し我慢して此処でロケーションを楽しみながら撮影。

 

Img_1819      Img_1822

地図

足場は悪い場所ではあるが、ある程度満足いく写真も撮れて、気持ち良く下山。

 

 

後は・・・ハード?な場所はお腹一杯なので・・・和み系で隣の佐津駅傍の佐津川橋梁でゆるゆる撮影。

 

   Img_1826   Img_1830

 

 

Img_1839     Img_1838

地図

今回の事で分かった事は、秋はスズメバチが凶暴な季節なので無理は禁物ですねsweat01

走行距離約500km

 

 

宜しければ (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

upwardrightブログランキングサイト参加中!押して頂けると嬉しいです。upwardleft

2011年10月17日 (月)

雨の尾鷲

★゜・。。・゜゜・。。・゜ローカル線を撮る(紀勢本線)☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 

 

Img_1721_3  Img_1720   Img_17231  Img_1744_2

 

 

この前止まっていたDD51(2089レ)892号ディーゼル機関車と普通列車(324C)キハ40系気動車を三野瀬付近で(左2枚)。

と尾鷲市天狗倉山からの眺望(右2枚)。

午前中はギリギリ曇り(左3枚)でしたがあいにくの雨で雨雲が垂れ込む白石湖(最右1枚)。

 

この天狗倉山の絶景、実はかなりハードな場所にあります(@Д@;

初めはお目当ての林道が分からず、仕方ないので徒歩で馬越(まごせ)峠の途中から林道に入ろうと進んで行きましたが、林道が二手に分かれていて間違った方に行ってしまった為、30分以上を無駄にしてしまい、体力を相当奪われ、着いた時には登り始めてから2時間が経っていました。

その後、下山してもう一度林道を捜索したら、国道42号線尾鷲トンネル北側直ぐの橋を渡り、突き当たりを左に行けば直ぐ林道に入れることが分かったので、疲れきった体に鞭打ってバイクで登坂。

途中右への分かれ道があるが直進し、熊野古道をクロスして、徒歩で間違えた分かれ道を左側へ進み、落石等置き去りの悪路に入って行きます。

バイクで行くと余裕があるので、さっきの場所(上中写真)より奥へ進んでみると・・・更に見晴らしの良い場所が(上右写真)有ります。

勿論オフ車でないと無理ですがバイクなら低速でも30分程度で着きます。

 

約520km

2011年10月 9日 (日)

危険なロングツーリング

・‥…━━━☆・‥…━━━☆紀伊半島一周・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 

思いついたら即の性格が自分を追い込んでしまう事が良くあるのですが・・・

 

今回は・・・

台風12号がもたらした災害で土砂ダムが出来、中央突破が出来なくなっている紀伊半島の外周をバイクで日帰り1周してみようという無謀な計画ですsweat02

 

午前8時に家を出て快晴の中、国道26号線を南下。

和歌山県に入り紀ノ川を渡り、国道42号線に入り更に南下。

 

“醤油の発祥の地とされている湯浅町”を越え、“蜜柑で有名な有田川”、“備長炭生産量日本一の日高川(日高川町)”と二級河川を越えて行き・・・

 

午前11時30分に白浜町の手前、“梅の生産量日本一のみなべ町”に到着。

 

高速道路を一切使わずに来たので3時間半も掛かってしまったcoldsweats01

 

でもこの景色で疲れが吹っ飛びました(゚0゚)

Img_1662

(みなべの海岸線とくろしお7号 381系)

Img_1676

(みなべの海岸線と普通電車133系 2355M)

Img_1673

(みなべの海岸線と試運転??くろしお287系)

地図

まだ夏の気配が残る爽やかな南国の海の、“寄せては引く波の音”と、時々聞こえるオーシャンブルーの列車の走る“レールの響き”が、心地良くクロスオーバーされて心を癒してくれましたconfident

以前は珊瑚礁の北限とされていた串本でしたが、今では温暖化の影響か、ここみなべの海岸でも“クシハダミドリイシ”の生息が確認されているそうです。

冬の海水温は15℃以下になる事もあると思うのですが・・・

頑張りますね~ミドリイシ君good

それにしても秋の景色じゃないですね┐(´-`)┌

 

 

そして午後3時30分串本を経て新宮に到着。

 

12時30分にみなべを出たので所要時間3時間。

流石に疲れを感じる時間ですが、ここでも1時間程散策。

Img_1703

Img_1695

Img_1700

(紀勢本線 熊野市~新宮間が災害不通の為、鵜殿駅で復旧を待つ2089レ DD51 875号機)

地図

 

普段なら沢山のコンテナを引っ張って勇壮な姿を見せてくれるだろうDD51も・・・

台風の影響で進路を絶たれ、ここ紀宝町(新宮の横の町)で黄昏中。

 

因みにここから先は、三重県亀山市(シャープの工場で有名)まで電化されていないので、架線(電車の上を通る電線)が無く何だかスッキリしています。

なのでこのディーゼル機関車のDD51が活躍しているのですねhappy01

向こうに見える電線は家庭用の電線です。

 

 

そして尾鷲の手前、熊野市波田須町に着く頃には午後5時を回った時間。

 

ここ波田須は2,200年前に秦の始皇帝の使いが上陸した場所として有名らしいcoldsweats01

Img_1711

 

波田須無人駅の案内板にそんな風なことが書かれています。

 

そしてリアス式海岸の素晴らしい風景美に線路があるので列車を待ってみるも・・・

やはりこんな僻地、そうそうに来るものではない(^-^;Img_1713

地図

流石に秋!

夕日が沈むのは思いのほか早く、列車が通る頃にはご覧の通り・・・

暗すぎるsweat02

 

 

ここから尾鷲を超え、紀伊長島には午後7時到着。

マクドナルドでエビフィレオセットを掻きこみ・・・

真っ暗の中、何も見えない三瀬谷ダムサイトを通過し・・・

家に辿り着けるのか不安一杯になりながら国道368-369号線を突っ走るsweat01

 

しかしこの国道368-369号線は恐ろしく寂しい道で、国道と言うのも名ばかり、後ろからも前からも全く車が通過しないsweat02

峠に差し掛かると民家は全く無い!更に道幅は車一台分と・・・土砂崩れにでも巻き込まれたら見つけてもらえないんじゃないかと不安一杯にさせられるコワ~い道でした。

距離にして約30kmくらいは、全く一台の車にも出くわさなかったのですが・・・

突然目の前に野生のシカFawn02_4が現れて・・・合計3回もぶつかりそうになりましたshock

 

最後に出てきた立派な角の雄シカFawn01は、私も相当ビックリしましたが、向こうも相当ビックリしたようで・・・

その場で前脚上げて飛び跳ねてました !!(゚ロ゚屮)屮

ホント後1mでぶつかるって所だったのでお互い心臓バクバク Kao_icon39

 

そんなこんなで家に到着したのは午前0時 ε=( ̄。 ̄;A フゥ…

走行距離約550km

 

 

 

宜しければ (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

upwardrightブログランキングサイト参加中!押して頂けると嬉しいです。upwardleft

より以前の記事一覧

フォト

google

rakuten

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

撮影アイテム

お気に入り

  • チャーム本店。アクア用品も生体も、メジャーなものは、ほとんどここでお買い物。
    チャーム本店
  • ファッションとカメラの新しいカタチ。
    植物タンニンなめしの味わいある本革製品は魅力的。
    Fashion × Camera
    Title
  • 沖縄石垣島の老舗?アマモ系はここで購入してます。質は良いが納期が遅いのが難点。
  • 沖縄の宮古海水魚。宮古島産のイソギンやクマノミを直送してくれます。
  • 沖縄石垣島の海人さん。天然石垣島産のイソギンやクマノミを直送してくれます。
    Churauminettaigyo_4
  • ~マリンアクアリウムサイト同士を繋ぐリンクの輪~

ある日の光景

  • P1010023_2
    Diary Memory        スナップアルバム

アクアリウム        (Saltwater)

  • Pa130006_2
    海水水槽        スナップアルバム

アクアリウム        (Freshwater)

  • Img_0809
    淡水水槽        スナップアルバム

鉄道のある風景

  • P9210162_3
    その他鉄道 アルバム

寝台特急(日本海縦貫線)

  • Pb170046_2
    ブルートレイン「日本海」を主に、寝台特急 アルバム

紀勢本線

  • Img_2143
    紀勢本線及びきのくに線 アルバム

山陰本線

  • Img_1839
    山陰本線&福知山線 アルバム

camera

OLYMPUS オンラインショップ

Amazon (United States)

blogランキングサイト

20120131~

  • free counters

ケントロピーゲのバナー

  • ご自由にどうぞ♪
無料ブログはココログ

月齢(moon's age)