海水魚(marine fish)

2017年1月 5日 (木)

ハタゴイソギンチャクが移動かよ!

久し振りに水槽の様子など・・・

 

本年始まって3日目に入った一昨日、3年程度小さな移動にとどまっていたハタゴイソギンチャクが、大きく移動を始めてしまいました。

サンゴ礫でオーバーハングして、移動しにくくしていた場所から、水槽前面に出てこようとしているのを発見。

気付いた時にはコモンサンゴに覆いかぶさろうとしていたので、慌ててレイアウトを崩して救助。

 

その後1日掛けて、ライブロック数個に張り付いていた脚盤を外し、レイアウトを整え、定位置に!

P1040002

カクレクマノミ夫婦に幾度となく嚙みつかれながら(結構イタイ!)、ハタゴの刺胞毒にもやられながら、久しぶりに水槽と格闘したので疲れました。

まだ予断を許さない状態ですが、とりあえず一休み。

 

P1040009

レイアウト変更で水槽内をかき回したので、魚たちは大迷惑!

何故かヒレがボロボロになったオヨギイソハゼ。

 

撮影レンズ&カメラ

   

 

 

宜しければ (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
 

2016年6月20日 (月)

お腹が空いたスターリーブレニー

ギンポやプレニーは愛すべき苔取りキャラクターとして、必ず1匹入れているのですが、これがまた全身筋肉の塊で、幾度となく水槽外へ飛び出して亡くなっています。

この前も書きましたが、今後はその反省で、ガラス蓋を半分するようにしたので大丈夫ではないかなと思っています。

 

出会った頃は、本当に苔取りの為だけに入れていたのですが、段々とこの愛嬌のある顔の虜になってしまいました。

P6130014

特に、今入れているスターリーブレニーは、頭部の皮弁がフサフサで、愛嬌満点です。

勿論、ブラックボディに銀河を散りばめたような模様も印象的で、水槽鑑賞している間に1回は顔を拝まないと満足できません。

ひょこっと岩陰から顔をだしてこちらをうかがう姿は、何とも言えない可愛さです。

 

撮影レンズ&カメラ

   

 

 

宜しければ (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
 
チャーム本店
 

2016年6月11日 (土)

体を張ったカクレクマノミの産卵

うちのカクレクマノミの産卵場所は、ハタゴイソギンチャクの上側に覗いているライブロックです。

下の写真で言うと、左上に少し見えている場所になります。

P6020029

ハタゴイソギンチャクの周りは、少し苔むしやすいので、産卵前にはいつも同じ場所をお口を使ってせっせと器用にキレイにしています。

何年か前までは、ハタゴイソギンチャクが向かい側の側面ガラスに活着していたので、産卵場所もガラス面で、キレイにするのも楽だったと思いますが・・・今はライブロックでデコボコしている場所なので、大変そうなのは分かっていたつもりでした。

 

で・・・

いつも決まって消灯前の1時間前くらいからその作業を初め、消灯前後に産み終わります。

P6100018

今回も卵はきれいに並んでいます。

 

そして今回は、ブルー系ライトがまだ点灯している時間に少し様子を見てみました。

ブルーライト下なので、オレンジが消えてしまいブラックオセラリスみたいに見えますが、最初の写真の通り、ノーマルが日焼けしている状態です。

クマノミのオレンジは蛍光色ではないのでブルーライト下では黒っぽく見えます。

替わりに白い部分が蛍光で、浮き出て見えます。

 

そんでもって、本題ですが・・・

いつも口で頑張ってるのは知っていたのですが、あまりその後をブルーライト下で見てなかったのでビックリ!

P6100013

なんと、口がボロボロになっています!

 

写真はメスですが、オスも同じくボロボロです。

ブルーライトで傷が浮き出てはっきり分かりますね。

産卵はまさしく愛の結晶です。

 

撮影レンズ&カメラ

   

 

 

宜しければ (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
 
チャーム本店
 

2016年6月 7日 (火)

やっと捕まえたホムラハゼ!!

写真に捕らえたのは、2011年以来!

ましてや、写真に全貌を捕らえたのは、2010年の仲間入り時の水合わせ以来と言う、超レアキャラの登場です!

 

今回は、消灯後にヒレをワサワサさせていた所を激写したので、超低速シャッタースピード・超高感度になってしまい、まともに撮れたのはこの1枚だけでした。

 

久し振りなので、詳細情報も載せちゃいます。 

P6070006

OLYMPUS OM-D E-M1 M.12-40mm F2.8 1/8 秒 F3.2 ISO-3200 40mm

・ホムラハゼ (焰櫨) ◎201003~
英名:Spikefin goby
ハゼ科 ハゼ亜科 ホムラハゼ属
学名:Discordipinna griessingeri

 

6年振りに全貌を収めたのですが、結構な変貌を遂げています。

背びれの前側が、墨汁でもこぼしたかのように、黒くなっいるし、尾びれの点々も一つ少なくなっているので、水合わせの時に撮った個体とは別個体かもしれません。

記憶では、1匹しか入れてないと思うのですが・・・もしかしたら、ペアで入荷していた記憶があるので、実は2匹入れていて、その時のメス(小さいほう)なのかもしれません。

水槽に入れて、数日でどちらもほとんど姿を見なくなってしまっていたので、多分それしか考えられません。

 

と、いう事で・・・

過去の写真を探してみると・・・

ありました!

2010年、仲間入り当時の没写真の中に、2匹写っているのが!

Img_4466

やはり、ペアで連れて帰ってきてたみたいですね。

 

ただ、今回写真に収めたのがどちらかは、この写真を見ても不明です。

どちらの個体にしても、6年と言う歳月で、かなり柄が変わっています。

もしかして老化?
 

 

撮影レンズ&カメラ

   

 

 

宜しければ (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
 
チャーム本店
 

2016年2月12日 (金)

さみしいペルクラクラウン

ペルクラクラウン(カクレクマノミのグレートバリアリーフバージョン)と言うと、巷では最近、プラチナペルクラやピカソペルクラと言うような、一見すると私には皮膚病ではないかと勘違いしてしまうような個体が、高額の値を付けて売られていますよね。

珍しいもの見たさかもしれませんが、わざわざそう言う配合してる事を考えると、ちょっと可哀想な気もしちゃいます。

 

因みに、うちのペルクラクラウンは、オリジナルカラーです。

ただし、伴侶を飛び出しで★にしてしまったので、ライブロック保管水槽で1年以上1匹で頑張っています。

 

P2060032

そしてこの度、ライブロック保管水槽を60cm規格水槽から、30cmフチなし水槽にリニューアル。

ペルクラくんもお引越し。

P2060028

 

ライブロックはたいして保管できませんが、無駄に持っていても仕方ないので、十分です。

 

そして、蒸発対策に何か良いものは?と検索していると・・・

ニッソーの水足しくんと言うものが発売されていることに気付きました。

 

 

これ、超便利ですね!

早速取り付けて、感動しちゃいました!

 

P2060030

 

1リットルのペットボトルを取り付けましたが、何日程度もつのか楽しみです。

 

そして、60cm規格水槽の時は、自然光のみでしたが・・・

本水槽から外したGrassy LeDio RS073 リーフUVがあるので、将来的な事も考えて・・・

 

アームスタンドも購入し、取り付ける事に。

 

 

結構な値段しますが、現状余っているクリップも無く、かといって安いアームとクリップを別々で購入したら、同じような値段になってしまうので、思い切ってしまいました。

タマイタダキイソギンチャクでも入れてみようかな。

その前に、伴侶探しです。

 

撮影レンズ&カメラ

 
 

 

 

宜しければ (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
 
チャーム本店
 

2016年2月 6日 (土)

ホムラハゼ・・・年1回の再会

年1回は少し大げさですが、最近ちょくちょくお目にかかるようになったホムラハゼ。

しかしながら、再会はほとんど消灯後で、数秒から数十秒。

今回も消灯後に石灰藻を食べる厄介なカニの様子を見ていたら・・・

目の前のライブロックの隙間から、”ワサワサ””ワサワサ”と、ご自慢のヒレを独特の動作で長めにお出ましになったので、カメラを用意したのですが、構える間もなく逃げられてしまいました。

 

・・・という事で、お約束の2010年3月水合わせ時のホムラハゼ様です。

Img_4467

(canon PowerShot G11)

今年の3月で6年とは・・・大したものです。

こんな小さなハゼ(体の太さ5mm程度・長さ3~4cm程度なので、まるでメバル釣り用のワームみたい)なのに長生きですね。

今年こそEM-1で撮ってやるぞ!!

 

撮影レンズ&カメラ

 
 

 

 

宜しければ (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
 
チャーム本店
 

2016年1月17日 (日)

ドリーは元気!

P1170002

去年の秋で2年を越えたナンヨウハギ。

蛍光ブルーの魚体と、蛍光イエローの尾びれは、水槽の魚を更に増やすという欲望を抑えるに十分な存在です。

飼育期間、2年と3カ月程度で結構大きくなったもので、目測約10cm弱になりました。

来たときは、3cm程度のミニサイズだったので、約3倍の成長と言う事か~。

少し感慨深いですね。

 

撮影レンズ&カメラ

 
 

 

 

宜しければ (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
 
チャーム本店
 

2015年10月14日 (水)

プロテインスキマーよ、もう一声!

ホンソメワケベラと時を同じくして今年の春にタンクメイトとなったヤエヤマギンポ。

ギンポ系は、飛び出し等で幾度と無く申し訳ない思いをさせてしまっていますので、この子で何代目かはよく覚えておりません(u_u)

しかしながら、この子は何の特徴もないドノーマルなので、何だか長い付き合いになりそうな気がします。

 

Pa130017_2

 

今は苔が多いので、毎日お腹パンパンになって満足そうですね。

一年前に生物ろ過をほぼ廃止して、プロテインスキマーをH&S HS-A400に変えましたが、苔の発生量が減少し、状態は少しマシになったものの、まだまだ改善が必要と言う感じです。

 

Pa130006_2

多分、魚が今の半分なら十分足りるんでしょうが、このままではもう一工夫必要ですね。

 

 

撮影レンズ&カメラ

 
 

 

 

宜しければ (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
 
チャーム本店
 

2015年10月11日 (日)

槍?弾丸?

先代が、今年の2月に行方不明になってから、ヤッコやナンヨウハギの小競り合いが増えていたので、春先にアクアショップを何件か回って見つけてきた今回のホンソメワケベラ。

ホンソメワケベラは、タンクメイトの健康維持と小競り合いの仲裁に大きな力を発揮しますので、我が家ではヤエヤマギンポと共に必須メイトです。

 

Pa100010_3

幼魚カラーではないですが、小さな個体を見つけてきてタンクメイトとしました。

ただ、半年以上経ってもあまり大きくならないので、撮影は困難極まります。

 

Pa100027_2

と言う事で、ギリで顔辺りにピントが来た一枚でした。

 

撮影レンズ&カメラ

 
 

 

 

宜しければ (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
 
チャーム本店
 

2015年10月 7日 (水)

番長ドリー

水槽のアップは久しぶりです。

少しサボりすぎですね(^-^;

 

Pa070001_2

 

カクレクマノミ夫妻は、夏の間、ハタゴイソギンチャクが若干移動した為、去年から今年春までの出産ラッシュをひと段落していたのですが、最近また産卵ラッシュとなっています。

ハタゴイソギンチャクが、若干移動した事で、ライブロック側に死角が出来、良く見えない場所があるので、産卵しているか分からなくなっていますが、消灯時ハタゴが萎んだ時に卵を確認できます。

ただまあ、大勢に影響は無いので、放置プレイです。

 

影響が大きくなっているのは、2年を越え3年目を迎えるナンヨウハギの存在です。

 

Pa070008

 

春の時点では、まだシマヤッコより若干小さかった(長さではすでに抜いていましたが、体高が低いので、体積では小さかった)のですが、とうとうナンヨウハギの方が、体積的にも大きくなってしまいました。

と言っても、目測10cm未満の9cm程度。

ただ、シマヤッコを抜いてしまった事で、パワーバランスが取れたようで、水槽内は一見平和には見えます。

強がっていたシマヤッコが、少し穏やかになり、スミレヤッコにも春ほど嫌がらせをしなくなり・・・

ナンヨウハギは番長気取りで強さを誇示するも、おっちょこちょいで本当にドリーのようです。

そしてスミレヤッコは健気に愛想を振りまいています。

 

うん、春よりはマシです。

 

撮影レンズ&カメラ

 
 

 

 

宜しければ (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
 
チャーム本店
 

より以前の記事一覧

フォト

google

rakuten

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

撮影アイテム

お気に入り

  • チャーム本店。アクア用品も生体も、メジャーなものは、ほとんどここでお買い物。
    チャーム本店
  • ファッションとカメラの新しいカタチ。
    植物タンニンなめしの味わいある本革製品は魅力的。
    Fashion × Camera
    Title
  • 沖縄石垣島の老舗?アマモ系はここで購入してます。質は良いが納期が遅いのが難点。
  • 沖縄の宮古海水魚。宮古島産のイソギンやクマノミを直送してくれます。
  • 沖縄石垣島の海人さん。天然石垣島産のイソギンやクマノミを直送してくれます。
    Churauminettaigyo_4
  • ~マリンアクアリウムサイト同士を繋ぐリンクの輪~

ある日の光景

  • P1010023_2
    Diary Memory        スナップアルバム

アクアリウム        (Saltwater)

  • Pa130006_2
    海水水槽        スナップアルバム

アクアリウム        (Freshwater)

  • Img_0809
    淡水水槽        スナップアルバム

鉄道のある風景

  • P9210162_3
    その他鉄道 アルバム

寝台特急(日本海縦貫線)

  • Pb170046_2
    ブルートレイン「日本海」を主に、寝台特急 アルバム

紀勢本線

  • Img_2143
    紀勢本線及びきのくに線 アルバム

山陰本線

  • Img_1839
    山陰本線&福知山線 アルバム

camera

Aquarium使用品     (いらない物は除去)

  • 藍藻退治
     藍藻(シアノバクテリア)は赤紫色のものが多くべっとりとして触るとヌメヌメして景観を損ね、更に臭いもキツく厄介者です。 これを使えば3~4日で消え去ります。 即効性があり効果は抜群で200L程度であれば10回以上は確実に使える量が入っています。
  • 重金属を無毒化
     水道管には鉄管や銅管が使われているところもあり、特にサンゴは銅に弱いので少しでも無くした方が得策。 プロテインスキマーが溢れないタイプなので海水にはもってこいです。
  • 遊離アンモニア除去剤
     アンモニアが気になる時にだけ使えるタイプです(海水・淡水pH7.0以上用)
  • リン酸塩除去剤
     “リン酸塩”が気になる時にだけ使えるタイプです。 リン酸塩の分子を大きくしプロテインスキマーのスキミングを利用して取り出します。(海水用)
  • 硝酸塩除去剤
     “硝酸塩”が気になる時にだけ使えるタイプです。 水槽内に存在するバクテリア(普段は硝化で特別な条件がそろえば還元するヤツ)や酵素を一時的に還元に変身させるタイプ。(海水用)

OLYMPUS オンラインショップ

Amazon (United States)

blogランキングサイト

20120131~

  • free counters

ケントロピーゲのバナー

  • ご自由にどうぞ♪
無料ブログはココログ

月齢(moon's age)