海水魚(marine fish)

2017年4月22日 (土)

カクレクマノミ夫婦、先月から復活の産卵ラッシュ

去年8月頃に猛威が始まり、ミドリイシやスジチヂミを侵略しながら、正月早々大移動かましたハタゴイソギンチャクでしたが・・・

おかげで賃借人?のカクレクマノミ夫婦は、良い迷惑で、ずっと落ち着けず、夜の営みもおあずけ状態。

ここ最近、やっと落ち着いたのか、またもや2週間ごとに産卵を繰り返しています。

P4170052_2

メスは、産卵したらすぐ妊娠しているようで、何だかお腹が膨らんでいない時が無いような感じです。

今年で8年を迎える夫婦ですが、すこぶる元気です。

 

 

P4170054_2

こちらは、オヨギイソハゼ。

オヨギイソハゼって何年くらい生きるのでしょうね?

去年6匹入れて現在3匹生存中。

その前は一昨年6匹入れているので1~2年?

ちょっと分からないですね。

うちはオヨギイソハゼにとってそれほど良い環境ではないと思うので、メインに飼育してあげれば5年くらいは生きるのかもしれませんね。

 

ホムラハゼが、うちの水槽で去年で6年目を迎えて、今年とうとう姿を現さなくなったので、小型ハゼでも結構長生きするなと思っていた折に、オヨギイソハゼの短さには少しびっくりしています。 

 

P4170055_2

6年目のニシキテグリのオス。

番いで飼育すると、どちらかが早く逝ってしまう感じがするけど、単独だとノビノビしている感じで、まだまだ長生きしそうです。

 

 

 

宜しければ (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

 

2017年4月10日 (月)

ミドリイシの妖精! アカメハゼ瞬殺

今年もようやく桜の咲く季節がやってきて、私のアクアリウム熱も若干上がってきた感じがあります。

 

そこで新しい仲間を迎え入れたくなり、アカメハゼと言う非常に小さなグラスフィッシュを見つけたので、購入してみることに・・・。

037331
「出典:WEB魚図鑑」

このハゼはミドリイシの周りで群れていて、ミドリイシを止まり木の様に使う事で有名です。

 

透明な体にピンクのお目目と黄色の内臓袋が非常に目立ちます。

大体1匹1,000円強と言った所なので、とりあえず5匹ゲット。

喜び勇んで水合わせ後、水槽に入れた所、予定通りミドリイシにちょこんと乗っかって可愛いね~なんて・・・

鑑賞できたのはものの数分。

 

突然ホンソメワケベラのスイッチが入り、豪快に突っつきまわされ・・・

助けるも何も手を付ける暇もなく瞬殺されました( ゚д゚)ポカーン

P4070003_2

悲しいとかの感情も湧かず・・・ただただ開いた口が塞がらないと言った感じでしたsweat01

おっとろし~ヤツだべな~!!

 

襲った理由の予想ですが・・・

同じような大きさで襲わないオヨギイソハゼの事を考えると・・・

透明な体なので、ピンクの部分と黄色の部分しか見えていなかったんじゃないかと考えています。

そこだけ見ると、普段あげているエサの大きさや、たまに口にしているであろうイサザアミやヨコエビと同じような大きさ!

しかも給餌前だったこともあり、敏感に反応したのでしょう。

非常に手痛い出費と経験となりました。

P4070010_2
レイノックス マクロコンバージョンレンズ DCR-150使用

オヨギイソハゼは我知らずと言う感じで、今日もホバリングしています。

 

そして、E-M1(カメラ)の縞模様ノイズの不具合は、今回も前回より薄いながら発生しています。

オリンパスの話では、フリッカー(照明のチラツキ)が原因ではないかという事でしたが、魚の写真を撮るのにスローシャッターは無理です。

ちょっと困りましたね。

次はスローシャッターでサンゴを撮って、それでも発生するなら違うし、発生しないならフリッカーと言う事になります。

 

 

 

宜しければ (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

 

2017年3月12日 (日)

スミレヤッコでも・・・と思ったら・・・。

最近、アクアリウムの更新が滞っておりますが、久しぶりにスミレヤッコを撮ったので、更新してみることにしました。

P3120006_2

ただ、魚は元気で良いのですが・・・

 

困ったことにカメラ(E-M1)の調子が悪く、下の写真のように縞模様ノイズが入ってしまう時があります。

P3120001

一体どうなっているのでしょうね。

週明けにもオリンパスに聞いてみようと思います。

 

 

 

宜しければ (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

 

2017年1月 5日 (木)

ハタゴイソギンチャクが移動かよ!

久し振りに水槽の様子など・・・

 

本年始まって3日目に入った一昨日、3年程度小さな移動にとどまっていたハタゴイソギンチャクが、大きく移動を始めてしまいました。

サンゴ礫でオーバーハングして、移動しにくくしていた場所から、水槽前面に出てこようとしているのを発見。

気付いた時にはコモンサンゴに覆いかぶさろうとしていたので、慌ててレイアウトを崩して救助。

 

その後1日掛けて、ライブロック数個に張り付いていた脚盤を外し、レイアウトを整え、定位置に!

P1040002

カクレクマノミ夫婦に幾度となく嚙みつかれながら(結構イタイ!)、ハタゴの刺胞毒にもやられながら、久しぶりに水槽と格闘したので疲れました。

まだ予断を許さない状態ですが、とりあえず一休み。

 

P1040009

レイアウト変更で水槽内をかき回したので、魚たちは大迷惑!

何故かヒレがボロボロになったオヨギイソハゼ。

 

 

 

 

宜しければ (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

 

2016年6月20日 (月)

お腹が空いたスターリーブレニー

ギンポやプレニーは愛すべき苔取りキャラクターとして、必ず1匹入れているのですが、これがまた全身筋肉の塊で、幾度となく水槽外へ飛び出して亡くなっています。

この前も書きましたが、今後はその反省で、ガラス蓋を半分するようにしたので大丈夫ではないかなと思っています。

 

出会った頃は、本当に苔取りの為だけに入れていたのですが、段々とこの愛嬌のある顔の虜になってしまいました。

P6130014

特に、今入れているスターリーブレニーは、頭部の皮弁がフサフサで、愛嬌満点です。

勿論、ブラックボディに銀河を散りばめたような模様も印象的で、水槽鑑賞している間に1回は顔を拝まないと満足できません。

ひょこっと岩陰から顔をだしてこちらをうかがう姿は、何とも言えない可愛さです。

 

撮影レンズ&カメラ

   

 

 

宜しければ (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
 
チャーム本店
 

2016年6月11日 (土)

体を張ったカクレクマノミの産卵

うちのカクレクマノミの産卵場所は、ハタゴイソギンチャクの上側に覗いているライブロックです。

下の写真で言うと、左上に少し見えている場所になります。

P6020029

ハタゴイソギンチャクの周りは、少し苔むしやすいので、産卵前にはいつも同じ場所をお口を使ってせっせと器用にキレイにしています。

何年か前までは、ハタゴイソギンチャクが向かい側の側面ガラスに活着していたので、産卵場所もガラス面で、キレイにするのも楽だったと思いますが・・・今はライブロックでデコボコしている場所なので、大変そうなのは分かっていたつもりでした。

 

で・・・

いつも決まって消灯前の1時間前くらいからその作業を初め、消灯前後に産み終わります。

P6100018

今回も卵はきれいに並んでいます。

 

そして今回は、ブルー系ライトがまだ点灯している時間に少し様子を見てみました。

ブルーライト下なので、オレンジが消えてしまいブラックオセラリスみたいに見えますが、最初の写真の通り、ノーマルが日焼けしている状態です。

クマノミのオレンジは蛍光色ではないのでブルーライト下では黒っぽく見えます。

替わりに白い部分が蛍光で、浮き出て見えます。

 

そんでもって、本題ですが・・・

いつも口で頑張ってるのは知っていたのですが、あまりその後をブルーライト下で見てなかったのでビックリ!

P6100013

なんと、口がボロボロになっています!

 

写真はメスですが、オスも同じくボロボロです。

ブルーライトで傷が浮き出てはっきり分かりますね。

産卵はまさしく愛の結晶です。

 

撮影レンズ&カメラ

   

 

 

宜しければ (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
 
チャーム本店
 

2016年6月 7日 (火)

やっと捕まえたホムラハゼ!!

写真に捕らえたのは、2011年以来!

ましてや、写真に全貌を捕らえたのは、2010年の仲間入り時の水合わせ以来と言う、超レアキャラの登場です!

 

今回は、消灯後にヒレをワサワサさせていた所を激写したので、超低速シャッタースピード・超高感度になってしまい、まともに撮れたのはこの1枚だけでした。

 

久し振りなので、詳細情報も載せちゃいます。 

P6070006

OLYMPUS OM-D E-M1 M.12-40mm F2.8 1/8 秒 F3.2 ISO-3200 40mm

・ホムラハゼ (焰櫨) ◎201003~
英名:Spikefin goby
ハゼ科 ハゼ亜科 ホムラハゼ属
学名:Discordipinna griessingeri

 

6年振りに全貌を収めたのですが、結構な変貌を遂げています。

背びれの前側が、墨汁でもこぼしたかのように、黒くなっいるし、尾びれの点々も一つ少なくなっているので、水合わせの時に撮った個体とは別個体かもしれません。

記憶では、1匹しか入れてないと思うのですが・・・もしかしたら、ペアで入荷していた記憶があるので、実は2匹入れていて、その時のメス(小さいほう)なのかもしれません。

水槽に入れて、数日でどちらもほとんど姿を見なくなってしまっていたので、多分それしか考えられません。

 

と、いう事で・・・

過去の写真を探してみると・・・

ありました!

2010年、仲間入り当時の没写真の中に、2匹写っているのが!

Img_4466

やはり、ペアで連れて帰ってきてたみたいですね。

 

ただ、今回写真に収めたのがどちらかは、この写真を見ても不明です。

どちらの個体にしても、6年と言う歳月で、かなり柄が変わっています。

もしかして老化?
 

 

撮影レンズ&カメラ

   

 

 

宜しければ (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
 
チャーム本店
 

2016年2月12日 (金)

さみしいペルクラクラウン

ペルクラクラウン(カクレクマノミのグレートバリアリーフバージョン)と言うと、巷では最近、プラチナペルクラやピカソペルクラと言うような、一見すると私には皮膚病ではないかと勘違いしてしまうような個体が、高額の値を付けて売られていますよね。

珍しいもの見たさかもしれませんが、わざわざそう言う配合してる事を考えると、ちょっと可哀想な気もしちゃいます。

 

因みに、うちのペルクラクラウンは、オリジナルカラーです。

ただし、伴侶を飛び出しで★にしてしまったので、ライブロック保管水槽で1年以上1匹で頑張っています。

 

P2060032

そしてこの度、ライブロック保管水槽を60cm規格水槽から、30cmフチなし水槽にリニューアル。

ペルクラくんもお引越し。

P2060028

 

ライブロックはたいして保管できませんが、無駄に持っていても仕方ないので、十分です。

 

そして、蒸発対策に何か良いものは?と検索していると・・・

ニッソーの水足しくんと言うものが発売されていることに気付きました。

 

 

これ、超便利ですね!

早速取り付けて、感動しちゃいました!

 

P2060030

 

1リットルのペットボトルを取り付けましたが、何日程度もつのか楽しみです。

 

そして、60cm規格水槽の時は、自然光のみでしたが・・・

本水槽から外したGrassy LeDio RS073 リーフUVがあるので、将来的な事も考えて・・・

 

アームスタンドも購入し、取り付ける事に。

 

 

結構な値段しますが、現状余っているクリップも無く、かといって安いアームとクリップを別々で購入したら、同じような値段になってしまうので、思い切ってしまいました。

タマイタダキイソギンチャクでも入れてみようかな。

その前に、伴侶探しです。

 

撮影レンズ&カメラ

 
 

 

 

宜しければ (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
 
チャーム本店
 

2016年2月 6日 (土)

ホムラハゼ・・・年1回の再会

年1回は少し大げさですが、最近ちょくちょくお目にかかるようになったホムラハゼ。

しかしながら、再会はほとんど消灯後で、数秒から数十秒。

今回も消灯後に石灰藻を食べる厄介なカニの様子を見ていたら・・・

目の前のライブロックの隙間から、”ワサワサ””ワサワサ”と、ご自慢のヒレを独特の動作で長めにお出ましになったので、カメラを用意したのですが、構える間もなく逃げられてしまいました。

 

・・・という事で、お約束の2010年3月水合わせ時のホムラハゼ様です。

Img_4467

(canon PowerShot G11)

今年の3月で6年とは・・・大したものです。

こんな小さなハゼ(体の太さ5mm程度・長さ3~4cm程度なので、まるでメバル釣り用のワームみたい)なのに長生きですね。

今年こそEM-1で撮ってやるぞ!!

 

撮影レンズ&カメラ

 
 

 

 

宜しければ (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
 
チャーム本店
 

2016年1月17日 (日)

ドリーは元気!

P1170002

去年の秋で2年を越えたナンヨウハギ。

蛍光ブルーの魚体と、蛍光イエローの尾びれは、水槽の魚を更に増やすという欲望を抑えるに十分な存在です。

飼育期間、2年と3カ月程度で結構大きくなったもので、目測約10cm弱になりました。

来たときは、3cm程度のミニサイズだったので、約3倍の成長と言う事か~。

少し感慨深いですね。

 

撮影レンズ&カメラ

 
 

 

 

宜しければ (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
 
チャーム本店
 

より以前の記事一覧

フォト

google

rakuten

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

撮影アイテム

お気に入り

  • チャーム本店。アクア用品も生体も、メジャーなものは、ほとんどここでお買い物。
    チャーム本店
  • ファッションとカメラの新しいカタチ。
    植物タンニンなめしの味わいある本革製品は魅力的。
    Fashion × Camera
    Title
  • 沖縄石垣島の老舗?アマモ系はここで購入してます。質は良いが納期が遅いのが難点。
  • 沖縄の宮古海水魚。宮古島産のイソギンやクマノミを直送してくれます。
  • 沖縄石垣島の海人さん。天然石垣島産のイソギンやクマノミを直送してくれます。
    Churauminettaigyo_4
  • ~マリンアクアリウムサイト同士を繋ぐリンクの輪~

ある日の光景

  • P1010023_2
    Diary Memory        スナップアルバム

アクアリウム        (Saltwater)

  • Pa130006_2
    海水水槽        スナップアルバム

アクアリウム        (Freshwater)

  • Img_0809
    淡水水槽        スナップアルバム

鉄道のある風景

  • P9210162_3
    その他鉄道 アルバム

寝台特急(日本海縦貫線)

  • Pb170046_2
    ブルートレイン「日本海」を主に、寝台特急 アルバム

紀勢本線

  • Img_2143
    紀勢本線及びきのくに線 アルバム

山陰本線

  • Img_1839
    山陰本線&福知山線 アルバム

camera

OLYMPUS オンラインショップ

Amazon (United States)

blogランキングサイト

20120131~

  • free counters

ケントロピーゲのバナー

  • ご自由にどうぞ♪
無料ブログはココログ

月齢(moon's age)