Camera

2015年2月26日 (木)

やっと罫線機能がつきました!Olympus Viewer 3 Ver.1.4.2 へのアップデート

Olympus Viewer 3 には、罫線表示機能が今までありませんでした。

 

これは結構ツライもので、何だか微妙に斜めになっていると嫌な感じがするような写真を編集する時とか、建物内等で建てつけが悪く水平が狂っているような時に、カメラ内水準器に頼ってしまった時とか、編集時に罫線があったらな~なんて思ってしまいます。

 

人によっては、そんなこと気にならないとか、撮影時合わせれば必要無いとか、意見は色々だと思いますが、私にとっては必須なのです。

 

撮影時合わせればなんて言われても、オリンパスの手振れ補正は強力なのもあるのか、非常にブレにくいのですが、思った構図が若干ずれたり、斜めになったりする時があります。

ましてや、PENシリーズには水準器が付いていない機種もありますし・・・。

なのでOlympus Viewer で編集する際は、仕方なく“ドコデモグリッド”と言うフリーソフトを使っていました。

それがやっと機能として乗っかってきたのです!!

 

Photo

グリッドが不必要な写真でスイマセン。

 

2015年2月20日発表のVer.1.4.2では、編集やRAW現像画面で、右下アイコン群の一番左に、漢字の“囲”のようなアイコンが現れるようになりました!

 

これをクリックすると、上の画像のように縦横2本づつのグリッドが現れます。

このグリッドは優秀で、上下の目盛枠の矢印を動かすことで上下左右に移動するのです。

これは主流の方眼罫線よりも使い勝手が良いと感じました。

 

アップデートの仕方は、Olympus Viewer を立ち上げて、画面内左上メニューのヘルプの横に、アップデートという項目があります。

これをクリックして、プルダウンメニューからソフトウエアのアップデートをクリックし、“OK”をクリックすれば、最新バージョンを選べるようになります。

 

こうなると、早く水平出しが必要な被写体を撮りに行きたくなってしまいます(*^.^*)

 

 

ただ・・・動きの重さは改善されていないようです。

 

通常編集時でも少し重いですが、書き出し時や、高画質表示時に良く止まります。

特に“常に高画質で表示する”の設定にすると、短時間のフリーズならまだしも、タスクマネージャーから強制終了させないと、フリーズ解消しない時もあります。

ただ、“常に高画質で表示”には、メーカー推奨スペックがあり、マルチプロセッサ/1GB以上のRAMが必要と記載されています。

因みに私のパソコンは、一応クワッドコアのi5-4690Kに、16GBのRAMを積んでいますが、厳密にはマルチプロセッサではなくマルチコアプロセッサになります。

だめなのでしょうかね~?

それとも実際のマルチプロセッサでも遅かったり、フリーズしたりするのでしょうか?

 

まあ、通常表示の編集だけでも改善して欲しいものですm(_ _)m

 

実際キャノンのG12で撮影した画像を、Digital Photo Professional で編集していた時は、XP/Pentium 4 3.00GHz/RAM 2GB で、RAW画像編集の際、フリーズした記憶がありません。

勿論、今もたまに使いますが、結構サクサク動きます。

 

確かにRAWファイルのサイズが2MB程度、E-M1で撮った写真の方が大きいですが、大した違いではないように思えます。

 

何かの常駐ソフトが干渉しているのかもしれませんが、それにしても不安定すぎると思います。

02190422

(E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II)

オオバンが水面に顔を突っ込もうとバタバタしている。

 

 

宜しければ (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
 
チャーム本店

2015年2月 5日 (木)

スマホがOM-D E-M1のワイヤレスリモコンに! OI.Shareについて

本日、OLYMPUS OM-D E-M1のファームウェアver.3.0アップデートのお知らせが届きました。

ただ、アップデート出来るのは2月24日からだそうですonz

 

004907_oishare_logo2_2OLYMPUS Image Share(OI.Share)

オリンパスのスマホ用Wi-Fiアプリ。

iOS 5.0 - 7.1 Android 2.3 - 4.4で使用可能。

App StoreやGoogle Playから無料でダウンロードできます。

 

私がE-M1を購入したとき、リモコンについては全く何も考えていませんでした。

て言うか、どこのメーカーでも一眼にはワイヤレスリモコンが当たり前で使えると思っていたのでした。

何故かと言うと、私の周りのソニーαを使っている友人も、キャノンKissを使っている友人も、普通にワイヤレスリモコンを持っていたからです。

だからこそ、オリンパスのマイクロフォーサーズに、ワイヤレスリモコンの純正が無いことにビックリしたのです。

フラッグシップですよ!ホント、ビックリしました。

 

実際一眼のワイヤレスリモコンを純正で発売していないメーカーは、他に富士フイルムとパナソニックのルミックスだけのようです。

ペンタックスなんか防水だったりします。

とまあ、ここまで書いて何ですが、実際は純正のワイヤレスリモコンのほとんどが、カメラの前方5m程度からしか撮影できなかったりしますので、使い勝手は限られるのですが・・・。

 

そう考えると、スマホソフトのOLYMPUS Image Share(OI.Share)は、Wi-Fi用なので、360度OKだし、障害物がなければ50mくらいは大丈夫そう。

そんなシチュエーション無いと思いますがcoldsweats01

 

さて、本題のE-M1のWi-Fiですが・・・

OLYMPUS HPのE-M1仕様ページに「IEEE 802.11b/g/n」と有ります。

末尾に「a」や「ac」が含まれないので、高級Wi-Fiで使える高速の5.0GHz帯やギガビットと呼ばれる高速Wi-Fiは使えず、通常の2.4GHz帯になります。

(まあ、ふつうそうでしょうね)

なので、通信速度は混雑していると遅くなり、画像サイズによってはスマホへ転送失敗なんて事もあるかもしれませんが、シャッター切るのは問題無いでしょう。

シャッターが切れれば、スマホへ画像転送失敗してもカメラ側には画像が残るはずですし・・・。
(まだ転送失敗した事が無いので定かではありません)

 

P2050489
最初の設定方法を、簡単に紹介すると・・・

あらかじめスマホにOLYMPUS Image Share(OI.Share)をインストールしてから、カメラの再生メニューで、スマートフォン接続を選んでOKボタンを押します。

2回ほど次へを選択すると・・・QRコードが出てきますので、OLYMPUS Image Share(OI.Share)を立ち上げたスマホで接続を選択して読み取ります。

アプリの表示に従いE-M1のプロファイルをスマホにインストールします。

最初は結構手間が掛かりますので、あらかじめ設定しておかないと、現場でいきなり最初からはキツイと思います。

 

02040210
OLYMPUS Image Share(OI.Share)を起動した画面です。

 

最初の設定を終えていれば、次回からは、カメラの再生メニューで、スマートフォン接続を選んでOKボタンを押してから、スマホのOLYMPUS Image Share(OI.Share)を立ち上げれば、自動でスマホがカメラを探し当ててくれます。

接続までちょっともたつきますので、スマホ画面下に「ON」が表示されるまで何秒かガマンが必要です。

接続されたら、一番上のリモコンを選択するとライブビューが起動します。

 

02040209
上の写真は、E-M1でタイマー設定して、タッチシャッターで、ライビューしているスマホを写したものです。

拡大すると、左下のサムネイルに、この撮影の前の一枚が写っていますが、タイマーを使わずにシャッター切ったので、手が写っています。

 

ライブビュー画面では、スマホからカメラのモード変更や、そのモードの操作(ISO/SS/AV/補正等)が出来ます。

その他にも、タイマーや連写も変更ができます。

ただし、画質や画像サイズの変更は、スマホ側では出来ませんので、画質や画像サイズを変更をする場合は、一旦Wi-Fiを切り、カメラ側で操作することになります。

注:カスタムモードの設定は、スマホに反映されませんので、カスタムを入れていないモードにダイヤルを合わせて、画質を変更しなければなりません。

RAW+JPEGで撮影すると、カメラ側にはどちらも保存され、スマホ側にはJPEGのみ保存されます。

その他の機能は、下記OLYMPUSの Image Share(OI.Share)紹介サイトで。
http://app.olympus-imaging.com/oishare/

 

更に、現時点では動画撮影非対応なのですが、2015年2月24日に発表されるOM-D E-M1ファームウェアver.3.0では、ライブビュー画面をスマートフォンで確認しながらムービー撮影を行うことが可能になります。

  

Wi-Fi接続に慣れるまでは、ちょっと面倒臭いかもしれませんが、慣れれば相当使えるアプリだと思います。

 

ただやはり、接続までのタイムラグがあったり、スマホが他で必要なときは使えませんから、単純明快にシャッター切るだけ用にエツミが販売しているピクセル ワイヤレスリモートコントローラー O2(オリンパス用)  も、魅力的だったりします。

エツミ ピクセル ワイヤレスリモートコントローラー O2(オリンパス用)

 

こんな超怪しい激安品もあります。

 

 

 

宜しければ (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
 
チャーム本店

2015年2月 4日 (水)

ミドリイシの成長速度

以前にも触れたことがありますが、ミドリイシには、成長速度が異常に速いものと、真逆のメチャクチャ遅いものがあります。

 

と言う事で・・・今日は、うちのメンバー内最速のものを紹介します。

 

02030194

 

このミドリイシの特徴は、細くて脆いになります。

 

結構ポキポキいきますので、レイアウト変更や動かすときには注意が必要です。

ただやはり、この手は異常に成長が早いのです。

写真には水面が見えていますが、現在水面まで2cmを切っています。

10月にこの場所にセットした時には、5cm以上余裕を持ったつもりだったのですが、あっという間に成長してしまいます。

このままだと、予想では後2ヶ月もすれば水面に到達しそうです。

水面に到達すると、今度は水面に若干広がろうとします。

そうなると、これがまたみすぼらしくなるので、そんな時は折ってしまいます。

どうみすぼらしくなるかと言うと、水面を根と考え、無理に広がろうとするので、上から見たら共肉は無く、骨格が丸見えになります。

まあ、下方向に向いた共肉は、反射した光しか当たらなくなり、そこで成長がほとんど止まりますので、水面を覆うなんて事は無いはずです・・・多分・・・過去の経験ではありませんでした。

 

もう一つ、ミドリイシを・・・。

 

02030190

 

これは、某やどかりショップで折れたB品扱いのものを2,000円程度で購入したものです。

こちらも成長が早いかなと思っていたのですが・・・確かにうちの水槽では2番目に速いですが、今のところちょっと早め程度に感じられる程度です。

因みに、下に載せた写真はf8.0で撮影したもので、上の写真は、開放f値4.0で撮影したものです。

拡大すると、被写界深度(ピントが合っている範囲の奥行き)の違いが良く分かります。

ただし、下の写真は1/10秒のシャッタースピードなので、手持ちではかなり厳しくなります。

(上の写真は1/40で、手持ちギリギリいけそうですが、今回はどちらも三脚で撮影しました。)

 

しかしながら、f8.0で撮った下の写真は、被写界深度が深く、この手の対象物には良い感じになりました。

クリックして拡大すると、下の写真では奥の枝先のポリプが分かりますが、上の写真では

ボケてポリプまで分かりません。

ISOはどちらも200にしています。

 

02030191

 

これ以上絞りすぎると、被写界深度的には良い結果が得られそうですが、シャッタスピードが遅くなりすぎて、水流でゆれるポリプがブレブレになってしまう可能性があります。

ISO上げるとシャッタスピード上げられますが、一番良い画質で撮りたかったのでISO200は譲れませんでした。

 

 

宜しければ (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
 
チャーム本店

2015年2月 1日 (日)

DUAL FAST AFの勘違い

E-M1のオートフォーカススピードの速さは、現時点でマイクロフォーサーズ最速(M.12-40mm f2.8 PROlens装着時)と言われており、フォーマットの小さなニコンのアドバンストカメラを除けばミラーレス最速と言われております。
(imaging-resourceと言う海外カメラレビューサイトが、ある一定の条件下で計測した結果ではありますが)

なのでそんなばかっ速なAFスピードは、コントラストAF+像面位相差AFによるDUAL FAST AFだからだとばかり思っていましたが、実は両方のAFが動いているシチュエーションは、C-AF(コンティニュアスAF)の時だけだと言う事を昨日再認識しました(^-^;

いつからか、全てのモードでDUAL FAST AFが働いているって、超勘違いをしていましたが、全くの誤解でしたね。

なので、先日の記事内で、ホンソメワケベラを撮ったシーンは、S-AF(シングルAF)だったので、コントラストAFだけが働いていたということになります。

 

う~む、恐るべしOM-D E-M1のFAST AF(コントラストAF) ( ̄ロ ̄lll)

 

と言う事で・・・

コントラストAFだけでも十分速いのが分かったのですが・・・

今回は、あえてDUAL FAST AFが働く、C-AF+TRでシマヤッコをロックオン(追尾)してみることにしました。

013101531_2
E-M1 1/160秒 F4.0 3200 M.40-150mm F2.8 + MC-14

 

シャッターボタンを半押ししたまま追尾して、背びれを広げた“ここだ”と言う時に全押しです。

結果、追える速さで動いてくれているなら、これが一番撮りやすいかもなんて思いました。

撮影時に連写掛けてましたが、1枚目が一番ピントが合っていて、2枚目以降は、若干ピントが手前に来ていました。

連写中に距離が若干離れたのでしょうね。

そこまではさすがに追尾してくれませんcoldsweats01

 

ちなみにホワイトバランスは、AUTOで撮影した後、くそ重いOlympus Viewer 3(←オリンパスさん、ソフトの処理能力向上を強く願います)を使い、RAW現像。

シマヤッコのヒレのグレー部分でグレー合わせしたので、ブルー被りをかなり消せました。

(撮影した場所は、ディープブルーライトの真下)

 

 

宜しければ (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
 
チャーム本店

2015年1月22日 (木)

E-M1 デジタルテレコンで赤ちゃんミドリイシ

コンデジからデジタル一眼に変わると、まず重さの洗礼を受けてしまい、慣れないと中々上手く写真が撮れません(^-^;

何しろパワーショットG12にマクロレンズを着けても、たかだか400g程度だったのですから・・・。

それが、E-M1にM.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO+1.4x Teleconverter MC-14となると、約1,500gになり、4倍弱。

なので、今までのように、簡単に魚の動きにカメラを合わせることが出来ません。

当然の結果なのですが、相当腕が落ちたような気分になります。

(元々腕がある訳では無いので一層辛い)

そんな事もあり、三脚立てれば良いサンゴの写真を、意地で手持ちで撮ってみました。

今回は、デジタルテレコンが気楽に使えるものかどうか、試したかったのです。

下のサンゴはミドリイシの木っ端で、今回のリセットで上手く定着するかどうか、成功への試金石と、私の中で位置付けたものです。

どうやら上手く定着し、成長を示しているので一安心しています。

012100651

この木っ端は、3つの欠片の群体で、水中パテで固定しています。

見えている横幅は、約2cm程になります。

ポリプもしっかり出して、順調な感じが見て取れます。

焦点距離:210mm(35mm換算420mm)で、最短撮影距離にて撮影。

 

それを、デジタルテレコンに切り替えると・・・

012100611

約2倍になって、大げさですが顕微鏡みたいですね。

 

パワーショットのときは、何故か一度も使用しなかったのですが、E-M1では重宝しそうです。

この2枚は、JPEGで撮り分けてます。

RAW+JPEGで撮影すると、元サイズのRAW画像と、中央部分が2倍になったJPEGとが記録されます。

と言う事で、デジタルテレコンはJPEG出力なので、RAW編集出来ないと言う事になると思います。

オリンパスの説明では、「画像処理エンジンの優れた画像補間性能により、高画質を保ったまま、高倍率撮影が可能」ということで画質劣化を防いでいると説明されていますので、どうしてもRAW編集したい場合は、Olympus Viewer 3にもその機能は無いので、元サイズの画像をRAW編集して、その後単純にトリミングするしか方法が無いようです。

比べていないので分かりませんが、多分その方法ではもっと画質が落ちるのでしょうね。

一眼でこの機能は、何故かオリンパス以外には見受けられません。

まあ、APS-C以上の最新撮像素子なら2000万画素超も多く、単純にトリミングしても問題無いのでしょうけど、後からトリミングしない人も多いのが実情でしょうから、単純に使える機能ですね。

 

ちなみに魚でもやってみたのですが、まだまだそこまでの倍率に腕がついて行かず、ブレて上手く写せませんでした。

 

012100271

これはデジタルテレコンを使ってませんが、まあまあピントが合ったので・・・。

イレギュラースイマーのホンソメワケベラにピントが合うなんて、さすがコントラストAF+像面位相差AFによるDUAL FAST AFですね。

勿論連写性能も手伝ってのことですが・・・。

こんなのパワーショットでは簡単に撮れません。

 

 

宜しければ (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
 
チャーム本店

2015年1月13日 (火)

防湿庫?ドライボックス?

私の周りは特にかもしれませんが、カメラの保管って結構煩雑な方が多いような気がします。

特に、一時的な趣味に留まられる方に多いのは言うまでもありませんが、それなりに何年も撮影をされている方でも、情報不足が故に、大事なレンズを机の引き出しやホームセンターで売っている収納BOXなんかに入れっぱなしにしていたり、ジュラルミン風の機材ケースに入れるまでは良いのですが、乾燥剤を入れていないなんて方も周りにいたりして、ちょっとびっくりしてしまいます。

 

この前も私の友人が、キャノンのF4 300mmレンズを、ジュラルミンケースから取り出して、“これ結構したんやで”と私に見せてくれたのですが・・・

残念ながら内側のレンズ全体に何年も拭いていない車の内窓のようなクモリが発生していました。

クモリなのかカビなのかは分解しないと分かりませんが、そんなレンズで撮影した写真は、全ての写真がフレアが発生したかのようになってしまう事でしょう。

一口馬主時代に、馬の撮影にはまって購入したレンズだと言う事だったので、5年以上はジュラルミンケースに入れっぱなしだったんではと思います。

結構な値段の白レンズが台無しですね。

 

その他にも、1年程度タンスに仕舞いっ放しのペンタックスK30を、違う友人から拝借(年末のブログで使用)した時は、保護フィルターがクモリまくりで驚いた事もありました。

K30は防塵・防滴ですし、着けていたレンズも防塵・防滴だったのもあり、本体やレンズは無事でしたが、それでもあの時拝借していなければ、そのままタンスに入れっぱなしだったと言う事だったので、その内にやられる事間違いないでしょう。

たしかにコンデジなら5年もしたら買い換える事が多いでしょうし、10年一昔前のデジタル一眼のボディなら5年も経つと大きく出力して鑑賞するには辛くなってくるので、出番も無いかもしれませんが・・・

それにしても綺麗な状態で保管しておいて損は無いと思います。

 

そこで候補に挙がるのは防湿庫になると思います。

有名どころでは、東洋リビング、トーリ・ハン、ハクバなどがあります。

ただ、こやつらは結構な値段になるので、ギリギリでカメラやレンズ等の機材を購入した場合、かなりキツイ出費になってしまいます。

ただし、安いノーブランド的なものもあるので、それを選べば1万円前後で購入できたりもします。

下のリンクは、左が小さな1台程度に良い21リットルで、右がちょっと大き目の2~3台に良い51リットルですが、有名メーカーのものなら倍以上の価格は間違いないので、安いですね~。

  

 

今回、私もコンデジから一眼へシフトしましたので、水槽を置いているのもあり、湿気は一般宅よりも多いと思われるので、そんな環境で大事な機材をガビさせる訳にはいかず、かなり悩みましたが、機材への投資が大きすぎたのと、実際どのサイズの防湿庫を選べば良いかも現状分かりかねるので、とりあえずは簡易(ドライボックス)で済ませることにしました。

キャパティ ドライボックス 11L グレー DB-11L-N

 

アマゾンで送料込み2,500円以下だったので、これにしてみました。

 

ドライボックスで気をつけなければならないことは、湿度計が付いていないものが多いということです。

※入れる乾燥剤は、ほとんど全てが徐々に能力低下して行くのですから、湿度計が無いと意味を成さない状態にあっても全く分かりません。

これはナカバヤシの商品なのですが、ちゃんと湿度計が付いています。

勿論このタイプ(どのタイプでも?)は、開けると一気に周りの湿度近くまでが上がるのですが、上手く40-50%をキープできるように、湿度計を確認しながらシリカゲル(乾燥剤)を取り替えたり追加したりしています。

※付属の安価な湿度計は、“誤差が大きい”や“反応が遅い”等の問題を指摘する方もいらっしゃいますが、目安になれば良いと思いますので、壊れていなければそれ程問題は無いと思います。

 

表記の本体内寸の高さが10cmになっているので、一眼はレンズつけて収納出来ないのではと思いきや、蓋の内寸が表記されていませんので、実際は12cm程度はあるのです。

なので私のプレート付のE-M1でもレンズを着けたまま入りますし、EOS 7D等でもレンズを着けたまま入りますので、防湿庫を購入するまでの繋ぎ役として最適ではと思います。

どれくらい入るかと言うと・・・

・M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROを装着したOM-D E-M1。

・M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(ソフトケース入り、テレコン装着)。

・M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmマクロを装着したPEN E-PL3。

・M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II(ソフトケース入り、フード付)。

・更にフィルター類や小物類。

上記以外にも、入れ方次第では、まだ入ると思います。

この手のボックスは深さがあっても、カメラやレンズは重ねて入れられないものが多くて不便なので、その点でもこの浅底タイプは、1ヶ月使ってみてこれで良かったとしみじみ感じています。

 

乾燥剤にはケンコー【強力乾燥剤】ドライフレッシュ スティックタイプ(10g×10本入) を2~3本入れて、湿度計が下がらなくなったら交換してます。

これは干せば(電子レンジでもOKだと思います)再使用できるので便利です。

更にこんなもの買ってみたのですが・・・

 東洋リビング モバイルドライ 除湿ユニット MD-2

今回のドライボックスに入れると、湿度20%とかになってしまい、強力すぎるので、トートバッグに入れて使っています。

この分では、防湿庫は当分必要なさそうかな?

でも、個人的には、頻繁に使っている間に、防湿庫は購入すべきだと思います。

使用頻度が低い機材が増えてくると確実に必要な防湿庫ですが、使わないものに中々お金を掛けられないのが現実だと思うし・・・。

ドライボックスでは、定期的に乾燥剤を交換しなくてはならない為、長期管理は難しいです。

忘れると、外気と変わらないどころか、下手をすると結構密閉されているので高湿度BOXになってしまい、意味が無くなります。

そうなるとドライボックスに入れているのにクモリやカビに襲われることになります。

そんな悲しい事は無いと思います。

 

 

宜しければ (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

2015年1月12日 (月)

レンズ保護フィルターとPLフィルターのセット

突然ですが、レンズ保護フィルターってどうなんですかね?

私は新しくレンズを購入すると、値段も高く、特殊なコーティングをしているものもあり、どうしてもそのままよりも保護フィルターを着けたくなります。

一昔前の保護フィルターや現存でも低価格のものは、表面反射が高く、画質に少なからず影響するような気になってしまってましたが、最近は表面反射0.5%や0.3%というものが主流となり、気にする事もなくなったように感じられます。

もちろん、厳密に言えば、フレアやゴーストが発生するかしないかのようなシビアな場面では着けないに越したことは無いのでしょうが、それでも不注意にレンズに何かが当たって、傷付かないまでも、コーティングが一部はがれるなんていうシチュエーションを想像すると、保護フィルターは着けておきたいと考えています。

 

ちなみにファインダーでマクロ撮影していると、構図やピントに夢中になりすぎて、不注意に近寄りすぎてレンズに木の枝が当たったりすることはしばしばあります。

 

実際、保護レンズ無しで撮影していて、レンズのコーティングが点状に取れたり、PLフィルターに点状の傷が付いたりしたことは結構あります。

性格上、何かに熱中すると、他に不注意になってしまう事もしばしばで、おはずかしい(^-^;

 

そこで今回購入したレンズにも保護レンズを着けようと、何の気なしにケンコー62mm PRO1D plus プロテクター を購入しようと思ったのですが・・・

やはりここはPLフィルターも私には必須なので、一緒に ケンコー Zeta EX サーキュラーPL 62mm もと考え検討していると、両方で大体1万3~4千円になってしまいました。

もちろん安くない買い物なので、Zetaは諦めようか、それともいっその事どちらもZetaにしちゃおうかなどと、色々検討していると・・・

 

セット売りしているものを見つけてしまいました。

 

これって、マルミ光機というメーカのものなんです。

ケンコーほど有名じゃないですが、カメラ暦の長い諸先輩方には愛されている、昔(昭和27年設立)からある老舗のフィルターメーカーで、このEXUS(エグザス)というブランドは、2013年に発売された最新モデルです。

特徴を読んでみると、ケンコーのZetaシリーズに当ててきた商品であることが良く分かります。

 

保護フィルターの表面反射は0.3%で、ケンコー62mm PRO1D plus プロテクター よりも性能が良く、Zataのプロテクター並みですし・・・

PLフィルターも透過率従来比:30%と、こちらもZataの特徴に良く似ています。

 

P1120001

手持ちのケンコーのPLフィルター(PRO1D)と並べると、これがまたケンコーのZata EX サーキュラーのページの比較とほぼ同じような違いを出しているので、同程度と考えてもそれ程違いは無いでしょう。

 

2015年1月現在、安めのショップで、ケンコーのZeta EX サーキュラーが約10,000円で、Zetaプロテクターが約3,500円なので・・・

 

カメラのキタムラで販売している【送料無料】マルミ 62mm EXUS LENS PROTECT+EXUS CIRCULAR P.L セット は12%ほどお得ということになります。

 

そしてマルミの方は、防汚処理静電防止がなされていますので、私的にはお得感が更にアップということになってしまいます。

・・・で、ついつい72mmまでもポチとしてしまいました(^-^

 

後で気付いたんですが・・・

 Kenko ステップアップリング 62-72mm というのを使えば、ワンザイズで良かったのだと思います。

まあ一々付け替える必要がありますが・・・。

次にNDフィルターを買うときには、覚えておかないとです。

(NDフィルターはPLフィルターほどの出番が私的にはありません)

 

宜しければ (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

2015年1月 6日 (火)

M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO 1.4x で水槽撮影

M.ZUIKO ED40-150mm F2.8 1.4X テレコンバーターキット F2.8PRO で水槽を撮影してみました。

 

このレンズはフィルターサイズが72mmあり、今まで幾度となく水槽撮影で使ってきたレイノックス マクロコンバージョンレンズ DCR-150 だと、アダプターが52-67mmまでなので使えず、何だか水槽撮影に気が向かなかったのですが・・・。

 

どうやらM.ZUIKO ED40-150mm F2.8 1.4X テレコンバーターキット F2.8PROには必要無いようです。

 

最大撮影倍率が35mm換算で0.6倍は、うちの魚達にはかなり十分な倍率で、小さなハゼ類を除き、十分な描写をもたらしてくれました。

 

P1040054

ISO1600 F4.0 1/160秒

 

ハタゴイソギンチャクの隙間からコンニチハ(o^-^o)

 

若干ブレがあるように見えますが、角度があったので水槽ガラスの歪みが影響したのかもしれません。

 

うちの水槽はマーフィードの安物なので、斜めからの撮影にもっぱら弱いのです(T_T)

 

P1040013

ISO4000 F4.0 1/100秒

 

EVFのタイムラグ(0.016秒)も少なく、1.48倍(35mm判換算 0.74倍)の超大画面、236万ドットファインダーは非常に使い勝手が良く、ファインダーでの撮影が楽しくなります。

 

P1040005

ISO1600 F4.0 1/100秒

 

高感度撮影もISO1600くらいなら、ココログにアップできるサイズ程度では、ストレスを感じない画質で撮影できます。

 

P1040033

ISO6400 F4.0 1/200秒

 

一応ISOオートの時は、上限を6400にしているのですが、私の中では良い感じです。

最近このナンヨウハゼが、流石の成長力を見せつけ、スミレヤッコと並ぶ大きさになってしまいました。

 

もう若干抜いている感じすらあります。

 

まだシマヤッコよりは小さいので、暴君振りは程々ですが、先が思いやられますcoldsweats01

  

P1040101

ISO5000 F4.0 1/320秒

 

勿論、このヤシャハゼのような小さな被写体だと、もう少し大きく撮りたい時もあるので、今度はデジタルテレコンを使ってみたいと思います。

 

宜しければ (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

2015年1月 5日 (月)

小さめのカメラバッグを買ってみました

普段はGERRY(ジェリー) 防水トートバッグ ラージ ネイビー NV GE5007 に、カメラインナーケース (ブルー) を入れて使っていますが・・・。

手軽に持ち出す用として、もう少しフットワークの軽いバッグが欲しくて、色んなスタイルで使える小さなバッグを購入。

 

 

これは写真で見る限り結構小さいのでE-M1には小さいかなとも思ったのですが、キャノンの7Dを無理やり入れている写真も載っていたので、思い切って購入してしまいました。

 

実際、E-M1を入れてみるとこんな感じです。

 

Pc300254

OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M1ボディ シルバーM.ZUIKO ED 12-40mmF2.8PRO を装着し、M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II にフードを装着してギリギリ一杯です。

 

このままでは、さっと取り出すことは出来ないので、フードを外せば少し楽に出せると思います。

まあ、マイクロフォーサーズは他にももっと小さなレンズが沢山ありますので、そのようなレンズにすれば実用的なレベルになると思います。

 

Pc300251

 

M.ZUIKO ED 40-150mm F2.8 PRO 装着だと、一応入りますが、それだけで一杯になります。

 

特にテレコンを装着していると、取り出す時さっと取り出せず、結構時間がかかります。

 

私の場合は、プレート2枚装着しているので尚更ですが・・・。

一本で出かけるならこれでも良いですが、やはりこのレンズを装着して、他のレンズもとなるともう少し大きめの別のバッグが必要ですね。

 

Pc300286

サイドにはカラビナ ペットボトル ドリンク ホルダー を付けています。

アルミ合金製で4個セット送料無料だったので結構お得かなと思い、ポチとしてしまいました。

こう言うのって買いに行くのが結構邪魔臭いのでネットは非常に便利です。

手持ちの他のカバンやゴルフバッグに付けると、1個しか余らず、それは予備に取っておくことにしました。

 

 

宜しければ (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

2014年12月28日 (日)

シルバーシンドローム

カメラを変えてから、今まで使っていたマクロレンズに合うレンズに中々めぐり合えず、水槽写真は少しお休み中です。 

かと言って、外出して写真も撮りに行っていないので、少しストレスフルな感じです。

  

仕方ないので、OM-D E-M1カスタマイズに耽っております。

 

Pc270178

上の写真では暗くて見えずらいですが、大型のアイカップOLYMPUS OM-D E-M1用 大型アイカップ EP-13 を、装着しています。

私は鼻が大きい訳では無いと思うのですが、何だかノーマルアイカップでは、液晶ベタベタになってしまいテンションdownでした。

基本はローポジから撮影することが多いので、腰痛対策で液晶(ライブビュー)撮影がほとんどですが、それでも標準ポジションからの撮影ではファインダーから覗いて撮影したいので、何とかならんのかと探していましたら、上記のアイカップを発見し、即買いしてしまいました(*^.^*)

これ結構使える感じで、今ではファインダー撮影の際は、がんがんこのアイカップにおでこ押し当てて、液晶の汚れも気にならず、快適にEVF撮影を楽しんでいます。

ただし、当然出っ張るので若干かさばります。

更に、今度はローポジでライブビュー撮影時に、顔の真下で構えると画面上部が見えないので、少し体から離して構える羽目になっております。

これは若干手振れにつながる行為なので、少し減点です。

ただし、E-M1のボディ内5軸手振れ補正は強力ですから、少しくらいの手振れはなんのそのです。

 

Pc270193

次は、どうしても直接カメラをそこらへんに置く場合に、ボディ下部の傷が気になって仕方がありません。

勿論、無傷で使うなんて不可能なんですが、そうは言ってもまだ新品なので何か方法が無いものか検討していたら・・・

E-M1用 パワーバッテリーホルダー HLD-7 なんてものがあり、物欲を強くそそられたのですが・・・

わざわざ小さなボディをそこまで大きくしてしまうと何だかな~って感じなので常用にはパス。

そこで探し当てたのがNEEWER® 金属製 L型クイックリリースプレートブラケット ハンドグリップ E-M1用

これ海外の三脚用のクイックリリースプレートなんですが、わずか1cm程なので、これの下部分のみを常用で取り付けておけば、傷なんか怖くない!と上手く行きそうなのでポチ!

ただ良く考えてみればこれって金属製なので、取り付けの際に強く締め付ければ、やはり傷が心配。

なので、シリコンコーキングをプレートに薄く塗って使用しています。

既に装着から1ヶ月経っていますが、変質はおこっていない様で、このまま継続使用してみようと思います。

変質が不安な場合は、激薄の液晶保護シートなどを貼り付ければ良いかも知れませんね。

金属製なので冬場は冷たいのでグリップ部周りには合皮接着テープ 黒 を貼って対策済みです。

 

下の写真のようにバッテリーもそのまま取り出せますし、液晶の開閉には全く干渉しません。

 

Pc270194

次に気になるのは・・・12-40mmf2.8PROレンズが重いのでそのまま置けばレンズに傷が付く?

傷、傷って、使えば傷は付くものでっせ!

って、自分に言い聞かせたりしても、気になるものはしょうがない!

 

それで何か無いものかと探してみると・・・

b-grip EVO用クイックリリースプレート

上の写真にも写っているのですが、これが台座機能があるので、満点ではないのですが、まあまあ使えます。

満点ではない理由は、E-M1の三脚取り付け穴がボディの真ん中ではないので、使用する時、上の写真のように斜めにしておかないとバランスが取れない事。

ただしそのおかげでバッテリー室の蓋の開閉にこのプレートも干渉しないので、悪くありません。

こちらも使用開始から1ヶ月経ちますが、ものすごく重宝しています。

NEEWER® 金属製 L型クイックリリースプレートブラケット ハンドグリップ E-M1用 との相性も良く、このプレートの三脚穴が若干前目なので、前荷重のレンズでも踏ん張ります。

手持ち物撮り時は、撮っては置き、撮っては置きなので、そんな時も傷を気にせずに普通に少し汚れたテーブルとかに置きまくりです(^-^;

12-40mmf2.8PROとの相性は抜群です。

40-150mmf2.8PROだと、三脚台座があるのでそちらを優先した方が安定します。

高さがちょうど良くなり良い感じです。

フード無し、三脚台座無しならクイックプレートでも何とか使えます。

 

Pc270201

最後は、少し遊び心のあるデザインのストラップでカスタマイズ。

 Swimming Fly  &  Gevaert ネックストラップ ビビットシャギーファインで彩を添えて。

 

Pc270183

ダイヤル以外も無塗装削り出しならもっとカッコ良かったんだけどね!

 

撮影は全てOLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO ED 60mm F2.8 Macro をOLYMPUS PEN Lite E-PL3に装着してのものですが・・・

画像をポチして頂き拡大してもらえればわかりやすいのですが、画像左側真ん中ちょい下あたりに赤い点が確認できます。

レンズを換えても同じように同じ場所に出現します。

中古購入なので仕方ないですが、いわゆるホットピクセルと言うやつでしょうか?

撮像素子の死骸とでも言いましょうか、動作不良の素子ですね。

ここで出番になるのが、ボディに組み込まれているピクセルマッピングと言う機能。

これはこのようなドット抜けの状態を、周りの画素で補完して消し去るという優れた機能なのです。

30秒ほどで完全に消え去りましたw(゚o゚)w

 

※オリンパスには付属機能として付いていますが、ほとんどのメーカーではこの現象が起こると一々修理に出さなくてはならないようです。

フォトショップなどのソフトでも修正できますが、その都度では面倒くさいですね。

 

宜しければ (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧

フォト

google

rakuten

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

撮影アイテム

お気に入り

  • チャーム本店。アクア用品も生体も、メジャーなものは、ほとんどここでお買い物。
    チャーム本店
  • ファッションとカメラの新しいカタチ。
    植物タンニンなめしの味わいある本革製品は魅力的。
    Fashion × Camera
    Title
  • 沖縄石垣島の老舗?アマモ系はここで購入してます。質は良いが納期が遅いのが難点。
  • 沖縄の宮古海水魚。宮古島産のイソギンやクマノミを直送してくれます。
  • 沖縄石垣島の海人さん。天然石垣島産のイソギンやクマノミを直送してくれます。
    Churauminettaigyo_4
  • ~マリンアクアリウムサイト同士を繋ぐリンクの輪~

ある日の光景

  • P1010023_2
    Diary Memory        スナップアルバム

アクアリウム        (Saltwater)

  • Pa130006_2
    海水水槽        スナップアルバム

アクアリウム        (Freshwater)

  • Img_0809
    淡水水槽        スナップアルバム

鉄道のある風景

  • P9210162_3
    その他鉄道 アルバム

寝台特急(日本海縦貫線)

  • Pb170046_2
    ブルートレイン「日本海」を主に、寝台特急 アルバム

紀勢本線

  • Img_2143
    紀勢本線及びきのくに線 アルバム

山陰本線

  • Img_1839
    山陰本線&福知山線 アルバム

camera

Aquarium使用品     (いらない物は除去)

  • 藍藻退治
     藍藻(シアノバクテリア)は赤紫色のものが多くべっとりとして触るとヌメヌメして景観を損ね、更に臭いもキツく厄介者です。 これを使えば3~4日で消え去ります。 即効性があり効果は抜群で200L程度であれば10回以上は確実に使える量が入っています。
  • 重金属を無毒化
     水道管には鉄管や銅管が使われているところもあり、特にサンゴは銅に弱いので少しでも無くした方が得策。 プロテインスキマーが溢れないタイプなので海水にはもってこいです。
  • 遊離アンモニア除去剤
     アンモニアが気になる時にだけ使えるタイプです(海水・淡水pH7.0以上用)
  • リン酸塩除去剤
     “リン酸塩”が気になる時にだけ使えるタイプです。 リン酸塩の分子を大きくしプロテインスキマーのスキミングを利用して取り出します。(海水用)
  • 硝酸塩除去剤
     “硝酸塩”が気になる時にだけ使えるタイプです。 水槽内に存在するバクテリア(普段は硝化で特別な条件がそろえば還元するヤツ)や酵素を一時的に還元に変身させるタイプ。(海水用)

OLYMPUS オンラインショップ

Amazon (United States)

blogランキングサイト

20120131~

  • free counters

ケントロピーゲのバナー

  • ご自由にどうぞ♪
無料ブログはココログ

月齢(moon's age)