★アクアリウムとバクテリア

 

バクテリアの世界  へ(´∀`ヘ)へ))カサカサ

 

お魚等の生体を水槽で飼育する場合、なにもしなければ排泄物や残飯で飼育水は汚れ劣悪な環境になっていきます。shock

なので濾過しなければ長期飼育する事が出来ません。

濾過システムというのも色々ありますが、どの濾過方法も概ねウール等で大きめのゴミを取り、濾過材等で微生物に有害成分を分解してもらう事はほぼ同じです。shine

海水ではウールも使わず大型のプロテインスキマーというもので分解前のたんぱく質や小さな汚れを取り除き、残った少量の亜硝酸等をライブロックで硝化・還元してしまうベルリンと呼ばれる方法もあります。

そして、その有害物質(アンモニア・亜硝酸・硝酸)を分解してくれる微生物が濾過バクテリアです。

 

簡単に記すと・・・。

①濾過バクテリア
アンモニア(猛毒)→亜硝酸(猛毒)→硝酸(弱毒)→窒素

②有用バクテリア
酸素を使わずに有機物を発酵・分解させ、主に二酸化炭素を排出。
抗酸化作用や抗菌作用があり、発酵過程で様々な栄養素が作られる。
病原性バクテリアの発生を抑え、生体の抵抗力を上げる効果

③病原性バクテリア
大腸菌に代表される悪玉菌で大量発生すると水槽崩壊にも。
腐る(腐敗)という現象が起きる為、アンモニアが大量発生し悪臭を放つ。

 

それぞれの詳細

★濾過バクテリアについて
濾過バクテリアには大きく分けて硝化バクテリアと還元バクテリアが存在する。

☆硝化バクテリアについて
硝化バクテリアは2つの役割と種類があり、1つはアンモニア(pH7.5以上では多くが遊離して猛毒)を毒素の強い亜硝酸イオンへ分解し、もう一つは亜硝酸イオンを毒素の弱い硝酸イオンへ分解するというものです。
前者の代表がNitrosomonas europaeaであり、後者の代表がNitrobacter winogradskyiである。
これらは好気性バクテリアと呼ばれ酸素を消費して硝化作業をします。

難点は、増殖スピードが極めて遅く通常2日で1分裂程度(海水)であり、自然に水槽での必要量まで増えるのを待っていると1ヶ月以上かかってしまう。
(淡水の場合は約半分の時間。)

これらの増殖の期間はアンモニアの量や亜硝酸の量は言うまでもなく、バクテリアが定着するシステムによっても左右されるので一定ではないが、本当の意味で両者(前者と後者)の割合が適切になり安定するには3ヶ月~6ヶ月とも言われている。

そして、立ち上げを早くする為にアンモニアや亜硝酸の量が多ければ良いかと言えばそうでは無く、初期の段階でアンモニアや亜硝酸が多いと硝化バクテリアの繁殖が間に合わず大腸菌に代表される病原性バクテリアが大量発生してしまう。

なので水槽立ち上げ1~2ヶ月は頻繁な水換えが必要で、初期段階であればあるほど頻繁に水換えをする方が上手く立ち上がる可能性は高くなる。

そして、その水換えを怠ると魚(生体)はアンモニア中毒や亜硝酸中毒になり、見た目は綺麗な水の中で突然次々に死んでいくことになる。

上記のことから立ち上げ初期の水槽での水換えは非常に重要である。

注意事項として、生体(パイロットフィッシュ)を入れない立ち上げ方法で刺身を入れたりする方法があるが、中には大きな物を入れ、水換えをほとんどしない事で濾過バクテリアを早く多く増やそうとされるアクアリストが存在するようだが、これは病原性バクテリアの温床を作る事になり、大きな間違いである事が分かってもらえると思う。

※濾過バクテリアの適正活動水温は大体20度以上なので、それを下回ると極端に濾過能力が低下し、場合によっては数も減少します。
ある実験では、水温14度でバクテリアの量を強制的に3倍くらいに増やしても水温22度に比べて濾過の時間が倍かかったという結果も出ています。
なので、過密飼育でヒーターの故障に見舞われた場合は魚にとってのダメージは計り知れない物になるという事です。

 

☆還元バクテリアについて
硝酸塩呼吸をし窒素を放出する通性嫌気性バクテリアで脱窒とも言う。
代表的なバクテリアがPseudomonas denitrificansである。
実は増殖スピードは早く、環境さえ整えば硝化バクテリアの倍以上のスピードで増殖する。
ただし、普通に水槽内で環境が整ってくるのが硝化バクテリアの増殖後になる為、初めから還元バクテリアの住処を用意していても、実際には立ち上げから1.5~3ヶ月と言われている。
なので、既に硝化バクテリアが増殖・定着している何ヶ月も経った水槽では脱膣環境を作れば1~2週間で確立される。
環境(住処)としては、底砂で行なう場合はパウダー砂で4cm以上必要で、ライブロックでも厚みのあるものは有効。
目の細かい10cm角くらいのスポンジ等で、その浸透しにくさを利用して強制的に内部で還元させる方法もある。

 

※還元を海草や海藻に一役担わせるのがリフジュームである。

 

★一部の有用バクテリアについて

○光合成細菌
酸素非発生型光合成を行う細菌。
有害物質を浄化し、抗酸化物質を生成。
○放線菌
抗生物質を作り出し、病原菌の発生を抑止する菌。
○乳酸菌・酵母
有機物を発酵する力が強く、有機酸を生成し、病原菌の繁殖を抑制。
菌体がビタミンやアミノ酸を多く含む

 

★病原性バクテリアについて
代表される大腸菌群は好条件下では20分に1分裂すると言われていて、それを計算すると1匹が8時間後には1億匹になる計算で恐ろしい増殖力を持つ。
亜硝酸が検出されなくてもこれらの病原菌が増える環境では生体が突然死や病気になったりする。
病原性バクテリアの多くは好気性で酸素を大量に消費するので生体が酸欠で死んでしまったりもする。
有機物を餌に(俗に言う腐らすという行為で)アンモニアを大量発生させ悪臭を放つ。

 

★市販のアクアリウム用濾過バクテリアについて
これは本当にあやしいので難しい取り捨て判断になりますが・・・。

アンモニアや亜硝酸を分解するバクテリアは上記でも述べたように好気性バクテリアであるので、本当は入れて1時間ほどエアレーションして止めると活性が上がったバクテリアが酸素を吸収してしまうので酸欠気味(魚が鼻上げ気味の状態)になるはずなのですが、実際全くならない商品も結構あります。

最近のはあまり試してないですが・・・。

試した商品でバクテリアの反応が良かったのを一つあげるとしたらバイコムでした。

実は出た当初、全く信用していなくて買わなかった商品なので意外でしたが・・・。

市販バクテリア全般に使用方法

立ち上げ時に規定量(お魚をいきなり多く入れないなら半分か1/3くらいでも良いと思います)を入れる。

その後、水換え毎(立ち上げ初期は頻繁な水換えが有効)に少しづつ入れる。

たまに初期に水換えを頻繁にするとバクテリアが減るなんて事を言われる方がいますが、それは△で、大半のバクテリアは濾過槽や底砂にまず集まっていきますのでバクテリアがいなくなると心配しなくても大丈夫です。

それよりも良くない菌が増えることを抑える事とアンモニア・亜硝酸をコントロールする事が先決です。

水換え毎じゃ無くても2~3日に少しづつ入れるのが効果的です。

必要なのは、初めの3~4週間で、それを超えると自力で増やす方が良いような気がするので勿体無いし必要無いと思います。

個人的な意見ですが、自力で繁殖したバクテリアより定着率が悪いような気がするので、初めに大量に入れて後は入れないより、初め多めでその後は2~3日ごとに少量でも良いので小分けが良いと感じました。

バイコムの場合、青ボトルが亜硝酸分解の好気性硝化バクテリア。

赤ボトルが環境によってアンモニア分解と硝酸塩分解に変化する通性嫌気性還元バクテリア。

78と21PDのお買い得セット!スーパーバイコム スターターキット 250ml 海水用

 

有用バクテリア

サイオンスーパーEM 【1000ml】
EM1~3号までがバランス良く(1:1:1)配合、EM1号よりも光合成細菌・放線菌の比率がアップされ、複合有用バクテリア群としてより効果が期待できる
有用微生物群(EM)で自然な土壌を再生!サイオンEM1号 1L(1000ml)
従来からの商品で効果は十分にある。
安定したEMの培養補助液【糖蜜】1000ml
EMを培養する際にエサとなる糖蜜には糖とミネラル等、微生物要素が豊富に入っておりますので、安定した培養ができます。

詳細は“EM(有用バクテリア)のアクアリウムでの可能性”をご覧ください。

☆EM1の成分は“EMのアクアリウムでの可能性”でも記してますが“光合成細菌”“酵母”“乳酸菌”等の善玉菌と謳われています。

もちろん園芸や家庭菜園でも(もちろん本格的な農林水産業にも)使えますし、実はこの原液から希釈して家庭用消臭剤も作れちゃったりします。

※開発者は沖縄の琉球大学農学部 比嘉照夫教授。

1983年、サン興産業が初めて商品化し、農業用に「サイオンEM」として販売を開始。

 

 

宜しければ (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

upwardrightブログランキングサイト参加中!押して頂けると嬉しいです。upwardleft

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/529563/47358271

この記事へのトラックバック一覧です: ★アクアリウムとバクテリア:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

フォト

google

rakuten

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

撮影アイテム

お気に入り

  • チャーム本店。アクア用品も生体も、メジャーなものは、ほとんどここでお買い物。
    チャーム本店
  • ファッションとカメラの新しいカタチ。
    植物タンニンなめしの味わいある本革製品は魅力的。
    Fashion × Camera
    Title
  • 沖縄石垣島の老舗?アマモ系はここで購入してます。質は良いが納期が遅いのが難点。
  • 沖縄の宮古海水魚。宮古島産のイソギンやクマノミを直送してくれます。
  • 沖縄石垣島の海人さん。天然石垣島産のイソギンやクマノミを直送してくれます。
    Churauminettaigyo_4
  • ~マリンアクアリウムサイト同士を繋ぐリンクの輪~

ある日の光景

  • P1010023_2
    Diary Memory        スナップアルバム

アクアリウム        (Saltwater)

  • Pa130006_2
    海水水槽        スナップアルバム

アクアリウム        (Freshwater)

  • Img_0809
    淡水水槽        スナップアルバム

鉄道のある風景

  • P9210162_3
    その他鉄道 アルバム

寝台特急(日本海縦貫線)

  • Pb170046_2
    ブルートレイン「日本海」を主に、寝台特急 アルバム

紀勢本線

  • Img_2143
    紀勢本線及びきのくに線 アルバム

山陰本線

  • Img_1839
    山陰本線&福知山線 アルバム

camera

OLYMPUS オンラインショップ

Amazon (United States)

blogランキングサイト

20120131~

  • free counters

ケントロピーゲのバナー

  • ご自由にどうぞ♪
無料ブログはココログ

月齢(moon's age)