« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月28日 (金)

ヤシャハゼ怒る!

Img_1351

ヤシャハゼさん。

今日も元気でお腹一杯そうですね~。

 

 

でもまだまだ他の魚たちと一緒にお食事は出来ないので、人工飼料は3~4日おきにしか食べさせていません。

一体何を食べているのでしょうかね~happy01

 

 

そして今日は・・・

Img_1575

 

巣の前に何かとてつもなく邪魔なものが・・・。

 

これは実はマガキガイなのです。

マガキガイが丁度巣の前でお食事中!

 

中々どいてくれないマガキガイに、堪忍袋の緒が切れたヤシャハゼさんは・・・

Img_1572

 

ウェ~!と、何かわめいていますが、当然ながら声は私に聞こえませんsweat01

 

 

  

 

宜しければ (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

upwardrightブログランキングサイト参加中!押して頂けると嬉しいです。upwardleft

2012年9月26日 (水)

逝ってしまったキヘリキンチャクダイ

これは完全に私の怠慢です。

 

キヘリキンチャクダイは、最後まで私に何かを訴えていたような気がします。

 

 

彼が初めて我が家へ来たのは、2009年の秋も深まったころであったと記憶しています。

当時、ホシゾラヤッコにあこがれていた私は、安価で同じく肌がきめ細かい彼に興味を抱いていました。

水槽の大きさから、ヤッコはケントロピーゲしか飼育しないでおこうと考えていましたが、少し位冒険してみてもと思ったりもして、彼の購入に踏み切りました。

程なく彼は水槽一のヤンチャ坊主へとなりました。

あまりのヤンチャ振りに、翌年サンプへ隔離する事になりました。

・・・が、実はそのことで私と彼は分かり合えるようになり、色々な芸をするようになり、一番私に馴れ親しんでくれるようになっていったのでした。

 

サンプの中は、通常は狭いだけで、濾過された海水がそこから本水槽へ組み上げられるので、水質も一番良い場所でした。

しかし、水換えの時は、塩が溶けきっていない、更には温度の違う海水をそこから注いだり、添加剤をそこから入れたりと、結構キツイ環境の変化が時々おこる場所でもありました。

それでも彼は健気に頑張って私を楽しませてくれていました。

 

そして、2年近くの日々が過ぎ・・・

体の成長から、サンプが狭苦しくもなっていたので・・・

サンゴの安定もあって、2011年の年末に本水槽へ戻したのです。

 

本水槽へ戻した彼は、文字通り水を得た魚で、どんどん成長して、近頃ではサンプにいた頃の倍のサイズにまで成長していました。

しかし、やはりサンゴが成長して魚が沢山泳いでいる90cm水槽では、窮屈感すらあり、悪い行動が目立ち、水の汚れるスピードも速いので・・・

先月、新しく立ち上げた60cm水槽へ、移動していただいたのでした。

 

そして、移動から1ヶ月が経ち、水槽にも慣れて、エサもおねだりしたりして、安定してきたなと思っていた矢先でした・・・

 

4~5日前から急に、過呼吸&拒食になっていたのです。

 

しかし、過呼吸&拒食は、カクレクマノミが1年に1度くらいなる症状ですが、1週間も経てば自然治癒していますし、今回の症状もそれに近いものだと判断し、放置してしまっていました。

 

ホント良くない飼い主です。

何の為の魚水槽でしょう。

・・・そうです。

サンゴ水槽と違い、いつでも魚を捕まえられるのが魚水槽の良いところ・・・。

今思えば、直ぐに捕まえて淡水浴させるべきでした。

悔やんでも悔やみきれませんが、既に後の祭りです。

 

壮絶な死に方は、オーバーフローパイプと水槽の僅かな隙間に、頭から体半分を水面に出して、哀れに固まっていました。

余程苦しかったのでしょうね。

 

移動する前の水槽の最高水温は26.5℃。

移動後の水槽の温度は29℃。

この変化も彼を苦しめた要因の一つだったのかもしれません。

 

さよなら、キヘリキンチャクダイ。

See you again in heaven! Grey Poma Angelfish.

Img_0029

Img_0065

宜しければ (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

upwardrightブログランキングサイト参加中!押して頂けると嬉しいです。upwardleft

2012年9月24日 (月)

ホンチヂミトサカが負傷

水槽内でサンゴが成長してくると、色々と問題が出てきますネcoldsweats01

 

フローからの水流でいつもなびいているホンチジミトサカですが、近くにマメスナ付きのミドリイシがあり・・・

今まで接触していなかったのですが、とうとう先っちょが接触しだしました。

Img_1559

 

他のミドリイシには、以前から接触していましたが、その場合は逆にミドリイシが嫌がっていました。

でも今回は・・・

ホンチヂミトサカが嫌がって若干組織が破壊されていますねsweat01

 

初め見たときは、ミドリイシに当たって嫌がっているのかとも思いましたが、直ぐに違うと気付きました。

このミドリイシには、マメスナが割り込むように生えていて、それが接触しているのでしょう。

マメスナは結構毒性が強いですものネ。

 

あたっている部分をトリミングするしかないな~┐(´-`)┌

 

 

 

 

宜しければ (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

upwardrightブログランキングサイト参加中!押して頂けると嬉しいです。upwardleft

2012年9月22日 (土)

たまには動画でも

久しぶりに動画をアップします。

 

まったりと5分の動画です。

 

 

 

 

宜しければ (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

upwardrightブログランキングサイト参加中!押して頂けると嬉しいです。upwardleft

2012年9月19日 (水)

シマヤッコとスミレヤッコ

シマヤッコの警戒心がイマイチ薄れないのは何故でしょう?

 

キヘリキンチャクダを別水槽へ移動して既に1ヶ月。

しかしながら、シマヤッコは水槽のボスキャラとは言える状態では無く・・・

エサの時以外はあまり姿を見せませんsweat01

 

キヘリキンチャクダイがいなくなって直ぐの段階では、少しヤンチャぶりを発揮していたのですが・・・

Img_1416

 

私は、シマヤッコが天下を取ったみたいに、我が物顔で水槽内を闊歩するものだと考えていたので、少しばかりガッカリしていますsad

 

まあ、あまり傍若無人になりすぎるのも考えものですが、もう少しエラそうにして頂いても良いのです(^-^;

 

人の考えるように中々ならないのがアクアリウムの醍醐味ですかネ~coldsweats01

 

 

Img_1345

 

しかしスミレヤッコは、我が家に来てからずっと同じような行動です。

(キヘリにもシマにも必要以上に臆せず、一貫した態度)

 

マイペース主義なんですね( ´,_ゝ`)

 

 

 

 

 

宜しければ (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

upwardrightブログランキングサイト参加中!押して頂けると嬉しいです。upwardleft

2012年9月15日 (土)

バートレットアンティアスのオスは綺麗な模様

前回のアカネハナゴイに続き・・・

ハナゴイです。

 

Img_1420

 

写真は、バートレットアンティアスのオスとメス。

 

オスはホントに綺麗ですね♪

自然下では、ピンクの部分がもっと紫色に近づき、黄色も濃く鮮やかなので・・・

そんな個体を見慣れている方々には、色抜けしたように見えるかもしれませんが・・・

パステルカラーのバートレットも乙なものです。

 

 

  

宜しければ (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

upwardrightブログランキングサイト参加中!押して頂けると嬉しいです。upwardleft

2012年9月12日 (水)

セクシーな唇♪

Img_0870

 

アカネハナゴイの唇にぴったりピントが合ったので載せたくなりました♪

 

これはオスのリーダーです。

 

それはそうと・・・

以前勃発したアカネハナゴイのオス同士の壮絶な喧嘩は、未だ時々行なわれています。

どうしても成長速度の違いやMAXサイズの違いにより、上手くいっているコロニーでも争いが起きてしまう事がありますね~┐(´-`)┌

 

うちの場合は、後から成長しだした個体が、結果的に痩せている(エサを中々食べさせてもらえない)のに以前からのオスの個体より大きく(全長が長く)なってしまったことで争い事になってしまっている訳で・・・

以前からのオス個体が、エサを食べている分、成長してくれれば、問題は起こらなかった、もしくは、今からでも成長してくれれば問題は必然的に解決するのだけどね~despair

 

まあ体の成長は色んな要素が絡み合うので仕方ないのでしょう。

 

 

 

 

 

宜しければ (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

upwardrightブログランキングサイト参加中!押して頂けると嬉しいです。upwardleft

2012年9月 9日 (日)

エビさんこんにちは♪

Img_1399

 

久しぶりにサンゴモエビの写真が撮れました。

 

生体のパワーバランスは複雑ですね。

このエビもキヘリキンチャクダイが泳いでいる時は、ほとんど顔を出さなかった生体です。

 

今、水槽の中はパワーバランスの過渡期なので、今後ほ進展が楽しみです。

・・・ちょっぴり不安でもありますがcoldsweats01

 

 

 

 

宜しければ (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

upwardrightブログランキングサイト参加中!押して頂けると嬉しいです。upwardleft

2012年9月 6日 (木)

調子の上がらないサンゴ達

大食漢のキヘリキンチャクダイを、新規に立ち上げた水槽へ移して半月以上が経ちますが・・・

まだ何だかイマイチ感が拭えませんsweat01

 

去年もそうでしたが、夏を穏便に越えるのは一苦労です。

 

悪い兆候が見え出したのは、6月からでした。

 

最初の餌食は、アワサンゴで・・・

徐々に共肉が退化しだし、今では端のほうにほんの少し、申し訳程度に残っているような状態despair

 

次はハナガササンゴで・・・

上に同じと言う感じ。

 

そしてチリメンハナヤサイが退化しだしたところで・・・

緊急事態と考え、キヘリキンチャクダイを移転する事に決めたのです。

あれだけ綺麗だったチリメンハナヤサイは、今や見る影も無く小片として何とか生き延びている状態です。

 

まあでも今では給餌量も結構減らしていますし、対策は講じているので、経過を観察するほか、良い考えが浮かびません(;´д`)トホホ…

 

観察している中で気付いたのですが・・・

調子を崩したサンゴにシアノバクテリアが侵食していく姿を良く見ます。

そしてそれは・・・私の仮説ですが・・・共肉を食べているように思えるのです。

今までは、共肉が退化した場所に纏わり付く、もしくは共肉の上に纏わり付いてサンゴが退化速度を速めると思っていたのですが・・・

どうやらシアノバクテリア自体がサンゴの共肉を喰らってサンゴの共肉の退化速度を上げているようです。

 

・・・そうに違いないと思います(^-^; 

 

サンゴの緑化(白化)の事を書いた時にバクテリアが関係していると書きましたが、シアノバクテリアも藻類では無くバクテリアなので、そういう結論に至ったのです。

 

下の写真、中央にシアノバクテリアに侵食されている場所があります。

Img_1427

 

このシアノバクテリアはある程度一定量の小コロニーです。

徐々にサンゴの退化に合わせて移動しています。

(クリックして拡大すると少し分かりやすいです)

 

ただし、このショウガサンゴはまだまだ生気がある個体なので、退化が止まる事を期待しています。

 

 

下の写真は、ハイマツ?系ミドリイシの成長が止まっていた場所ですが・・・

Img_1429

 

これも分かりにくいですが、小コロニーのシアノバクテリアが、光合成の泡を従え、共肉を退化させています。

この退化は少し勢いが有るので広がらないように策を講じたいところです。

 

しかし、このシアノバクテリアのせいで調子が落ちたのでは無い?と思っています。

原因は他にあり、シアノバクテリアは追い討ち的要素に過ぎないと・・・

 

 

Img_1423

 

因みに、1年以上振りにリン酸塩を計測してみましたがゼロでした。

 

硝酸塩は5ppm程度で、亜硝酸塩はゼロ。

アルカリ度は240ppmでpH8.4。

 

表面的な水質的には問題無いようです。

 

8月初旬にグラッシーLED21Wを他の水槽へ移したので、光量的には結構ダウンで、弱り目に祟り目にならないか少し心配しています。

 

 

・・・とりあえず給餌を1日置きにしてみます。

 

 

 

 

 

宜しければ (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

upwardrightブログランキングサイト参加中!押して頂けると嬉しいです。upwardleft

2012年9月 4日 (火)

ホンソメワケベラの口ってこんな口??

いつも大体ホンソメワケベラを上手く撮れたとしても・・・

こんな感じ。

Img_0644

 

動きが超不規則で速いので、正面から撮るのは非常に難しく、横からのアングルになりがちです。

 

 

でも今日は・・・

古株のホンソメワケベラの口元の写真が、バッチリ撮れたので掲載します。

 

Img_1356

 

あらためて良く見ると・・・

 

下唇が何だか変ですねcoldsweats02

釘抜き??(←例えが変??)見たいな感じかな~?

この形が魚をクリーニングする時どう役立つのでしょうかね~?

進化と言うのはホント不思議ですね ('ε')フーン

 

 

  

  

宜しければ (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

upwardrightブログランキングサイト参加中!押して頂けると嬉しいです。upwardleft

2012年9月 1日 (土)

カクレクマノミもお腹一杯!

Img_1329

 

ガオーさんが岩陰から登場!

 

(*^m^)

 

古株のカクレクマノミさんも、ボスが消え、何だかノビノビ!

みんなやはり巨大な影に遠慮していたんだネ。

これからは以前のように思いっきりエサを食べてくださいconfident

 

 

 

 

宜しければ (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

upwardrightブログランキングサイト参加中!押して頂けると嬉しいです。upwardleft

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

フォト

google

rakuten

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

撮影アイテム

お気に入り

  • チャーム本店。アクア用品も生体も、メジャーなものは、ほとんどここでお買い物。
    チャーム本店
  • ファッションとカメラの新しいカタチ。
    植物タンニンなめしの味わいある本革製品は魅力的。
    Fashion × Camera
    Title
  • 沖縄石垣島の老舗?アマモ系はここで購入してます。質は良いが納期が遅いのが難点。
  • 沖縄の宮古海水魚。宮古島産のイソギンやクマノミを直送してくれます。
  • 沖縄石垣島の海人さん。天然石垣島産のイソギンやクマノミを直送してくれます。
    Churauminettaigyo_4
  • ~マリンアクアリウムサイト同士を繋ぐリンクの輪~

ある日の光景

  • P1010023_2
    Diary Memory        スナップアルバム

アクアリウム        (Saltwater)

  • Pa130006_2
    海水水槽        スナップアルバム

アクアリウム        (Freshwater)

  • Img_0809
    淡水水槽        スナップアルバム

鉄道のある風景

  • P9210162_3
    その他鉄道 アルバム

寝台特急(日本海縦貫線)

  • Pb170046_2
    ブルートレイン「日本海」を主に、寝台特急 アルバム

紀勢本線

  • Img_2143
    紀勢本線及びきのくに線 アルバム

山陰本線

  • Img_1839
    山陰本線&福知山線 アルバム

camera

OLYMPUS オンラインショップ

Amazon (United States)

blogランキングサイト

20120131~

  • free counters

ケントロピーゲのバナー

  • ご自由にどうぞ♪
無料ブログはココログ

月齢(moon's age)