« アワサンゴの機嫌 | トップページ | ゆかいなカクレクマノミ達 »

2012年5月18日 (金)

ヒダベリウミキノコとブルーライト

以前、株分けしたヒダベリウミキノコ。

 

ずっと水槽正面の砂の上に活着させたライブロックと共に置いていたのですが、少し趣を変えたくて・・・

と言うより・・・将来のレイアウトを考え移動する事に!

 

 

そして選んだ場所は・・・

Img_0817

 

OF3重管の近くの、水深10cm強の、ブルーライトの下です。

 

上は置いてそれ程期間の経っていない写真で、縁の色が緑ではありません。

何だか色が抜けた感じですね

 

多分離れていると言ってもメタハラ直下に置いていたので、茶色の褐虫藻が多いのでしょう。

光量的にはボルクスジャパン グラッシーレディオ27(リーフディープ)の直下なので、結構強い場所です。

  

 

そして約1ヶ月程経つと・・・

Img_0837

 

見事に全体が黄緑になりました!

 

やはりライトの色温度で褐虫藻の性質が変わってしまうのですね~♪

強いブルーライトの光源を光合成に利用する為に蛍光色が増してしまいました。

 

それとブルーが強いと、光量のあるメタハラよりも、珊瑚は光の強さをより多く感じるようですね。

確実に光量が強いであろうメタハラ直下よりも、高出力LED(ディープブルー)の下のほうがミドリイシは匍匐方向に広がりを見せています。

 

まあ、ディープブルーばかりでは鑑賞性に乏しいので白系の光は必須になってきますが・・・

珊瑚自体は、実際の珊瑚礁でも巾を利かせている、ブルーの光が好きなようですネ。

 

 

 

 

宜しければ (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

ブログランキングサイト参加中!押して頂けると嬉しいです。

« アワサンゴの機嫌 | トップページ | ゆかいなカクレクマノミ達 »

無脊椎動物(invertebrate)」カテゴリの記事

コメント

やはり海水生体にブルーの照明は欠かせませんねo(*^▽^*)o

ひでさんこんばんは♪
本当ですね!
ブルーは珊瑚礁の生体にとっては必須かもしれませんね^^。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒダベリウミキノコとブルーライト:

« アワサンゴの機嫌 | トップページ | ゆかいなカクレクマノミ達 »

フォト

google

rakuten

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

撮影アイテム

お気に入り

  • チャーム本店。アクア用品も生体も、メジャーなものは、ほとんどここでお買い物。
    チャーム本店
  • ファッションとカメラの新しいカタチ。
    植物タンニンなめしの味わいある本革製品は魅力的。
    Fashion × Camera
    Title
  • 沖縄石垣島の老舗?アマモ系はここで購入してます。質は良いが納期が遅いのが難点。
  • 沖縄の宮古海水魚。宮古島産のイソギンやクマノミを直送してくれます。
  • 沖縄石垣島の海人さん。天然石垣島産のイソギンやクマノミを直送してくれます。
    Churauminettaigyo_4
  • ~マリンアクアリウムサイト同士を繋ぐリンクの輪~

camera

OLYMPUS オンラインショップ

20120131~

  • free counters

ケントロピーゲのバナー

  • ご自由にどうぞ♪

月齢(moon's age)