« ヒメジャコガイ 永久に | トップページ | ミドリイシに必要な光量とは? »

2012年4月30日 (月)

セラムブレニーと平穏な水槽

アカネハナゴイの戦争も、やられていた個体がしっかりエサを食べだし、執拗な攻撃もそれほど激しくなくなり一段落 (〃´o`)=3 フゥ

 

そして、まだ先日のヒメジャコガイの不可解な死の謎は、解けていないのですが・・・

水槽内には、平和な日々が訪れています。

 

 

なので久しぶりに、“水槽内の癒し系”セラムブレニーをアップしてみます!?

Img_0759

 

やはり小さい頃から育てていたヤエヤマギンポと違い、ほぼ2ヶ月経ったと言うのに、1日で姿を見せる時間はほんの僅か・・・

撮影は絶えず持久戦となり苦労します

 

 

Img_0799

 

そして、何故かいつもキヘリキンチャクダイが被ってきます

 

確かにキヘリキンチャクダイは、サンプで生活していた時に、私から一粒づつエサをもらっていたので、非常に馴れていて、更に写りたがりなので仕方ない部分もあるのですが・・・

ヤエヤマギンポ同様、ギンポ属には何か気に入らないところがあるのでしょう。

 

  

Img_0796

 

これもまた(^-^;

 

面白い2匹です。

 

 

Img_0828

 

これはやたら黒っぽいな~(゚ー゚;

 

砂の上だと白っぽくなりますが、その他の場所では黒っぽい!

 

 

Img_0701

 

何処にいるのか良く判らないくらい!?

 

この手の能力はヤエギン以上かもしれませんね♪

 

 

  

 

宜しければ (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

ブログランキングサイト参加中!押して頂けると嬉しいです。

« ヒメジャコガイ 永久に | トップページ | ミドリイシに必要な光量とは? »

海水魚(marine fish)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セラムブレニーと平穏な水槽:

« ヒメジャコガイ 永久に | トップページ | ミドリイシに必要な光量とは? »

フォト

google

rakuten

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

撮影アイテム

お気に入り

  • チャーム本店。アクア用品も生体も、メジャーなものは、ほとんどここでお買い物。
    チャーム本店
  • ファッションとカメラの新しいカタチ。
    植物タンニンなめしの味わいある本革製品は魅力的。
    Fashion × Camera
    Title
  • 沖縄石垣島の老舗?アマモ系はここで購入してます。質は良いが納期が遅いのが難点。
  • 沖縄の宮古海水魚。宮古島産のイソギンやクマノミを直送してくれます。
  • 沖縄石垣島の海人さん。天然石垣島産のイソギンやクマノミを直送してくれます。
    Churauminettaigyo_4
  • ~マリンアクアリウムサイト同士を繋ぐリンクの輪~

camera

OLYMPUS オンラインショップ

20120131~

  • free counters

ケントロピーゲのバナー

  • ご自由にどうぞ♪

月齢(moon's age)