« ユニオンも問題解決! | トップページ | 暑さの峠は越えたのでしょうか? »

2010年7月29日 (木)

環境の違いによるサンゴの成長具合

Img_0067 

このショウガサンゴは半年くらいの飼育ですが、成長が伺えます。

 

若干薄いグリーンの部分と先端が濃いグリーンに色分けされています。

 

この濃いグリーンの部分がこの水槽内で成長した部分です。

 

  

成長の仕方は明らかに購入前とは違い、細く細かく分裂しています。 

 

当初の生育場所より弱光である事が予想され、それによって成長スピードや成長の形状が変化し、グリーンが濃くなったと思われます。

 

 

私は個人的に、こんな低レベルな光の環境でもちゃんと成長してくれる、このハナヤサイサンゴ科のショウガサンゴやフトトゲサンゴは愛着があります

 

 

 

Img_0078  

 

これはサボテン系のミドリイシで写っている部分はこの水槽で成長した部分です。

 

一度は半分くらい根元から白化したのですが半年掛けてどんどん回復してきています。

 

ただし、回復・成長の仕方は上のショウガサンゴと同じように、新しく延びた部分は元の部分より細く延びてきます。

 

 

このミドリイシは白化する前は、一番光が強い場所にレイアウトしていたのですが特等席はヤッコも良く集まる場所なのでボディーブローのように突っつかれたストレスで光の当たりにくい裏側から白化していった感じでした。

 

前にも書きましたが・・・その後、若干後ろのライブロックの陰にレイアウトする事により白化が止まりしっかり成長するようになりました。

 

 

光だけでは白化の改善や解決が不可能な一例だと思います。

 

 

 

Img_0079  

 

久しぶりに濾過槽内のキヘリキンチャクダイ!!

 

最近は餌くれダンスが激しさを増しています ヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノ

 

 

 

 

久々の元気なキヘリに (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

ブログランキングサイト参加中!押して頂けると嬉しいです。

« ユニオンも問題解決! | トップページ | 暑さの峠は越えたのでしょうか? »

ケントロピーゲ&ヤッコ」カテゴリの記事

無脊椎動物(invertebrate)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 環境の違いによるサンゴの成長具合:

« ユニオンも問題解決! | トップページ | 暑さの峠は越えたのでしょうか? »

フォト

google

rakuten

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

撮影アイテム

お気に入り

  • チャーム本店。アクア用品も生体も、メジャーなものは、ほとんどここでお買い物。
    チャーム本店
  • ファッションとカメラの新しいカタチ。
    植物タンニンなめしの味わいある本革製品は魅力的。
    Fashion × Camera
    Title
  • 沖縄石垣島の老舗?アマモ系はここで購入してます。質は良いが納期が遅いのが難点。
  • 沖縄の宮古海水魚。宮古島産のイソギンやクマノミを直送してくれます。
  • 沖縄石垣島の海人さん。天然石垣島産のイソギンやクマノミを直送してくれます。
    Churauminettaigyo_4
  • ~マリンアクアリウムサイト同士を繋ぐリンクの輪~

camera

OLYMPUS オンラインショップ

20120131~

  • free counters

ケントロピーゲのバナー

  • ご自由にどうぞ♪

月齢(moon's age)