« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月30日 (日)

PC強化

Img_5057

今日は通常時間メタハラ点灯させました。

(上の画像は1週間ほど前のもの)

 

今日から通常点灯でいきます。

 

海草に良くないので・・・。

 

2日間消灯したのもあり、今日1日点灯してもスギノキミドリイシの病状は小康状態でした。

 

明日は進行するかもと思っていますが・・・分断されている部分からは広がらないだろうから、またそこから成長してくれればと考えています。

 

 

Img_5025

 

写真とは関係ありませんが、今日は久しぶりにパソコン工房に行って来て増設用のメモリーを買ってきました(^-^;

 

DDR400(PC3200)の規格なので旧型ですが1GB×2を購入。

 

今の規格の物の約倍の値段なのですが、互換性が無いし、動きの悪さには変えられませんので仕方無くweep

 

昨日まで512KB×2だったので3倍の容量になった事になります。

 

まだプログラムを何個も立ち上げていないので実感はありませんが・・・マシになった事にしておきますsweat02

 

ついでに購入したHDD(2TB)のフォーマットが終わりそうなので今日はこの辺で御暇します。

 

 

 

 

パワーアップPCに (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
カテゴリを成分解析

upwardrightブログランキングサイト参加中!押して頂けると嬉しいです。upwardleft

2010年5月29日 (土)

ハナゴイは大人しくて綺麗で・・・サイコー!

Img_4959  

 

ハナゴイは本当に仲が良いですね。

 

お互い威嚇し合う事もありますが・・・相手が傷つく程は攻撃しません。

 

実際、バートレットとアカネはお互い違う事を知りながら、仲良く共存しています。

 

 

 

Img_5046  

 

珊瑚の間やライブロックの陰が寝床であり緊急避難場所でもあるので水槽内で一番大きなフトトゲサンゴ間は居心地が良いようです。

 

このフトトゲサンゴの寝床は、専ら後から来たエバンスが占有しています。

 

 

Img_5014  

 

バートレットアンティアスのオスですが・・・来た時よりも若干黄色が多くなっているような?

 

オスの威厳が・・・sweat02

 

 

Img_5015  

 

ホンソメワケベラと戯れるひとコマ。

 

見て分かるかもしれませんが・・・メスとオスの大きさはほとんど変わりません。

 

むしろメスのほうが太っていて体格が良いです。

 

 

Img_5182  

 

オスにとって危機的状況?

 

く( ̄Д ̄)ノガンバレーーー♪

 

 

  

因みに今日は3時間だけメタハラ点灯。

 

まだ珊瑚は耐えられそうだったけど・・・海草が色が抜けてきて厳しくなってきたので仕方なく点灯させました。

 

今回の緑色に白化するスギノキミドリイシの感染症も消灯すると、ほとんど止まる事が分かりましたし、海草(ボウバアマモやウミヒルモ等)も大事なので止むを得ずと言う所です。

 

 

 

 

大人しく綺麗なハナゴイに (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
カテゴリを成分解析

upwardrightブログランキングサイト参加中!押して頂けると嬉しいです。upwardleft

2010年5月28日 (金)

水槽消灯中

Img_5237

こんばんは!

 

ニシキテグリですhappy02

 

今、スギノキミドリイシの病気を一時的に止める為にメタハラ消灯中です。

 

昨日は一切のライトを消灯しましたが今日はブルーの蛍光灯だけ6時間ほど点灯させています。

 

こんな風に

Img_5286

  

 

何故こんなことするかって?

 

実際、この病原菌が光の無い状態でどれくらい活動(病状が進行)するかが知りたかったからです。

 

ただ、何日も消灯すると他の珊瑚に悪影響が出るといけないので、今日はブルーライトだけ灯けたのです。

 

予想通り病原菌?の活性が止まり・・・小康状態になっています。

 

メタハラ点灯は月曜からにすることにします。

 

 

Img_5232  

 

と言う事で、この写真は以前の写真です。

 

久々にオスの立派な第一背鰭を撮ってもらったヤツですbleah

 

スギノキミドリイシの病気が止まりますように ( ̄人 ̄)

 

  

 

 

ミドリイシ感染症との闘病に (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
カテゴリを成分解析

upwardrightブログランキングサイト参加中!押して頂けると嬉しいです。upwardleft

2010年5月26日 (水)

スギノキミドリイシの感染症による白化(緑化)

  

元々店で一部白化が治っていたB品的ミドリイシとして販売されていましたが、うちに来て非常に調子良く成長していた個体です。

 

水槽に入れて3~4ヶ月は経っているものです。

Img_5226  

 

このミドリイシは置いている場所が若干不安定で、過去に何度かひっくり返っていた事があったのですが・・・最近はそれなりに固定できているし、成長著しいので安心していました。

 

そして先日(1週間ほど前)ガラス面のコケ取りの時に少し触れて動いた事があったのですが・・・止まっていたのでそのまま放っておいたのです。

 

が、翌日見事に砂の上にひっくり返っていましたsweat02

 

結構砂に刺さっていたのもあり、不安的中!!

 

1週間弱かけて照明が当たっていない元々折れて2cm程になっていた枝が徐々に白化し・・・根元にたどり着いた翌日・・・その上の枝の2/3が一気に白(緑)化!!

 

内部破壊的な白(緑)化の仕方で・・・共肉がどんどん捲れていきますsweat02

 

見た感じはブラウンジェリー。

 

何故か?

 

全体は健康的で成長著しい様子を見せながら、患部のみ共肉がプルプル剥がれてしまうという症状だからです。

 

 

 

Img_5283  

 

昨日、まず無理を承知で淡水浴をしましたが・・・その後消灯時間になり小康状態に・・・。

 

翌日(今日)朝も小康状態でしたが・・・帰ってきたら、あら大変!!

 

白(緑)化はスピードアップ!!

 

実際、ブラウンジェリーも照明が当たっている方が進行が早かったので、その辺も同じ感じ。

 

って、感心している場合じゃない (-_-X)

 

 

 

Img_5285  

 

引きで写すとこんな感じです。

 

見事に緑色!!

 

そして、1枚目と2枚目の写真を比較してもらうと分かるのですが・・・昨日の白(緑)化の場所は少し色が白っぽくなってきています。

 

敵は活性化している方が緑色が濃いということです。

 

そこで、考え付くのは・・・狭義の緑藻(緑藻綱)の仕業か・・・はたまたミドリゾウリムシの仕業か・・・。

 

まあ、どちらにしても(ブラウンジェリーにしても)なる前の対策はあっても、なった後の対策は無く・・・ワクチン的なものでもない限り解決は難しいと考えたりもします。

 

今は、患部カットを今日するか明日するか検討中crying

 

 

 

 

ミドリイシ感染症との闘病に (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
カテゴリを成分解析

upwardrightブログランキングサイト参加中!押して頂けると嬉しいです。upwardleft

2010年5月25日 (火)

ご飯の時間のボスとかくれボス

Img_5252 

シマヤッコは何処からとも無く餌の時間になるとフィダーカップの周辺をウロウロ。

 

それでも餌をあげないと・・・クビ?を左右にカクカクして催促 

┐(´-`)┌

 

 

 

Img_5224  

 

餌を入れると我先にフィダーカップの中に突入!

 

まるで檻の中の囚人のようにも見えます (^-^;

 

 

Img_5049  

 

でも、どちらかと言うとこのキヘリキンチャクダイの方が狭い所に押し込んでるので囚人の気持ちかも知れませんが・・・。

 

 

 Img_5051  

 

ただ、餌は独り占めなので←私が忘れない限りsweat02・・・上よりは良いかもしれません。

 

 

 

 

隠れボスのキヘリを (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
カテゴリを成分解析

upwardrightブログランキングサイト参加中!押して頂けると嬉しいです。upwardleft

2010年5月22日 (土)

EM記事の改正・追記

左上データ&ノウハウの“★EM(有用バクテリア)のアクアリウムでの可能性”を改正・追記しました。

 

ハードコーラルに対して?だった部分が自分なりに解消できたのと、同じ光合成細菌の一種であるシアノバクテリアとの競合やEMの効果などを少し読みやすくまとめてみました。

 

(それでも読みにくいと思いますsweat02

 

Img_5158  

 

小さく引っ込み思案なスミレヤッコまで餌をあげようと思うと結構な給餌量になります。

 

それでも、それ程水換えしないで良い水質をキープできるのは嬉しい限りです。

 

因みに前回は4月20日頃で・・・次回は来月か再来月くらいかな。

 

まあ3ヶ月に一度くらいは、水換えしてあげた方が生体にとって良いかもしれませんね。

 

当然に生体の吸収・消費成分には偏りが有ると思いますので、ミネラルバランスの正常化の為にも水換えは有効ですしね。

 

 

  Img_5055  

 

沢山の給餌でも、分け前が少なくお腹一杯にならなかった時は・・・サンゴ(フトトゲ)を齧っていますsweat02

 

それでも主に齧るのは日の当たらない部分なので、成長の早いフトトゲにとっては痛くも痒くも無いみたいですnote

 

 

 

 Img_5166  

 

陰日性と気付いて10日、仲間入りから20日が経ったトゲトサカですが、しっかり広がってポリプを開き調子が良いようです。

 

店が悪いのか問屋が悪いのか、売れれば良い的商売は改善して欲しいものですね ┐(´д`)┌ヤレヤレ

 

 

 

 Img_5170  

 

こちらは信用度の高いお店で一週間程前に購入したツツウミヅタ。

 

何分割かした一つで、この個体は少し光が強い部分に置いている為、若干閉じ気味に開いています。

 

 

 

 

EM記事改正に (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
カテゴリを成分解析

upwardrightブログランキングサイト参加中!押して頂けると嬉しいです。upwardleft

2010年5月21日 (金)

ある日のレッドレッグハーミットクラブ

Img_5146   

私はレッドレッグハーミットクラブ!

 

またの名をスカーレットリーフハーミットクラグとも言いますapple

 

主にカリブ海に棲んでますbarairplane

 

カリブ海と言うと、ヘミングウェイ(Ernest Miller Hemingway)著、“海流のなかの島々”が頭を過ぎりますbook

  

没後発表の小説ですがヘミングウェイ自身の後期の自伝とも云われていてリゾート特有の雰囲気が目に浮かびます。

 

脱線はさておき・・・。

 

私(レッドレッグ)はコケが大好きだったりします ( ^ω^ )

 

どんなコケが好きかって?

 

それは短い(1~2mmの)緑ゴケかな~!

 

 

あっ!

 

茶ゴケ好きのマガキガイさんhappy01

Img_5161_2  

 

レッドレッグ→いつも美味しそうな貝殻してますね!bleah

 

マガキ→そうですか? じゃ~あ いつもの頼みます。confident

 

 

Img_5162  

 

レッドレッグ→ん~美味しいな~delicious

  

マガキ→あ~そこそこlovely

 

 

Img_5163  

 

レッドレッグ→取ってあげましょうか?

  

マガキ→それは飾りなので取らないでね (*v.v)。

 

  

 

Img_5043  

 

エバンスのオス→変なヤツラ ( ̄Д ̄;;

 

 

 

ヤドカリさんとマガキガイに (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
カテゴリを成分解析

upwardrightブログランキングサイト参加中!押して頂けると嬉しいです。upwardleft

2010年5月20日 (木)

元気なヒダベリと、お腹が減ったサンゴガニ

Img_5040 

オスのドアップ!

 

 

Img_4983

 

こっちはニシキテグリのメスでしたhappy01

 

(メスは第一背鰭が伸長しません)

 

メスを追加した時は“ダメかな”と思うほど激しいイジメをオスから受けましたが、そんな事があったことすら忘れてしまうくらい平和に過ごしています。

 

出会い頭で顔を突き合わせても、全く知らん振りで・・・たまには一緒に泳いでいる姿を見たかったりもします。

 

繁殖期に入れば自然とそうなるのでしょうね ( ̄▽ ̄) 

 

 

 

Img_5067  

 

ヒダベリウミキノコは今は非常に水流の強い場所に置いていますがプルプルしながらポリプ全開です w(゚o゚)w

 

普通のウミキノコよりコレの方が形が不規則で気に入っていますgood

 

買おうと思っても中々売っていませんが、ウミキノコと値段はあまり変わらないので見つけたら買いかな?

 

 

 

Img_5136  

 

大きく開いた両鋏で威嚇しながら、フトトゲサンゴから降りて来て、餌を探すサンゴガニ君。

 

鋏から鋏まで5cm弱のヤツで食欲旺盛な為、通常はサンゴの分泌物を食べると言われていますが、それだけでは全く足りないようですねriceball

 

 

 

 

餌クレヤロウ共を (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
カテゴリを成分解析

upwardrightブログランキングサイト参加中!押して頂けると嬉しいです。upwardleft

2010年5月19日 (水)

海藻とコケ取りと・・・。

Img_5077 

なんだか妙な海藻が生えてきましたsweat02

 

切り紙のような平面的な外見でイワヅタ類の特徴の匍匐茎を伸ばしてきています。

 

これが繁殖し出した部分は色んな小型のイワズタ類が繁殖しているジャクライン(深場ミドリイシ)のゾーン。

 

定期的に刈ってはいますが、海藻の繁殖は止められずジャクラインは7割が覆われた状態になってしまっていますsweat02

 

その中でコイツは大型(イワヅタ類の中では中型くらい?)なので目立ちます。

 

刈ってしまおうかどうしようか検討中です。

 

 

 

Img_5144

 

最近、ライブロックをせっせと芝刈りしているのが、このレッドレッグハーミットクラブ。

コケが酷い時は、ずっと奥に潜んでいて滅多に全貌を見せなかったのですが、コケが減ると結構オープンウォーターに出没します。

 

赤い全身は良く目立ち非常に綺麗です。

 

ヤドカリは結構硬めの海藻を食べます。

 

因みに我が水槽には1匹しか居ないので少し寂しいです。

 

赤が綺麗なので4~5匹居ても良いかな、なんて思ったりします。

 

 

 

Img_5135  

 

ヤドカリより軟らかめの海藻がお好みのサンゴモエビ。

 

調子に乗ると大事な海草を食べちゃうので注意が必要ですね。

 

 

Img_5137  

 

ニューマクロレンズで撮ると5cm弱の大物も全体が収まります。

 

 

 

 

Img_5148  

 

コケと言えば私を忘れて無いかい?

 

茶ゴケ~柔らかい髭ゴケや緑ゴケ担当のヤエギンで~す!

 

 

 

コケ取り対決に (m。_。)mポチッとオネガイシマス♪

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
カテゴリを成分解析

upwardrightブログランキングサイト参加中!押して頂けると嬉しいです。upwardleft

2010年5月17日 (月)

DCR-150で珊瑚など

Img_5083

水槽システム全景。

 

ラックやその周りは乱雑になっていますsweat01

 

 

 

Img_5114  

 

昨日届いたマクロレンズ DCR-150で水槽中央部やや後方のハイマツ系ミドリイシを撮影。

 

前面ガラスから26~7cm奥に置いているヤツですが、この場所がこのレンズのピントが合う限界の奥行みたいです。

 

このミドリイシは半年以上の飼育個体ですが、一番伸びた部分で5cm程成長しています。

 

元々茶味がかったピンクの個体で、綺麗なピンクになるかな~っと期待していたのですが、そのままそれが濃くなった感じです。

 

 

 

Img_5115  

 このミドリイシは、レッドスライムリムーバー水溶液が降り注ぎ、青黒が緑黒になったヤツですが、緑化がどんどん進んでいて、紫の先っちょを残して大部分が緑になってきていますsweat02

 

緑の先紫って、何かおかしな感じです・・・。

 

 

 

Img_5117

 

 

このアワサンゴはBB450ゾーンに置いているのですが・・・撮影して少し移動しようとして触ってみると・・・成長してライブロックにガッチリ引っ付いていました。

 

なのでこの場所でしっかり大きくなってもらいたいです!

 

 

 

中央の珊瑚もアップで撮れて嬉しさ倍増で(m。_。)mポチッとオネガイシマス♪

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
カテゴリを成分解析

upwardrightブログランキングサイト参加中!押して頂けると嬉しいです。upwardleft

2010年5月16日 (日)

DCR-150と言う武器(レンズ)

Img_5103 

マクロレンズの第二弾!

 

今のマクロレンズより少し倍率が落ちますが、その代わり被写体との撮影距離を今までのマクロ撮影時約10cm→このレンズは約20cmに保てます。

 

お魚を撮影する時に距離が保てると、当然ながら警戒やストレスが緩くなり撮影しやすくなります。

 

そのレンズがレイノックス マクロコンバージョンレンズ DCR-150で、Amazonショッピングで本日ゲットしたのです。

 

 

Img_5132

 

被写体との距離を20cm保てれば、結構撮りやすいです。   

 

 

Img_5128

 

シマヤッコもギリギリ全体が入るようになって迫力満点です。

 

 

Img_5133

  

それでもこの距離は、まだシマヤッコの警戒域から外れていませんので滅多に撮らせてもらえませんsweat02

 

 

 

 

Img_5090

 

勿論、ヤエヤマギンポも、マクロ撮影時今までは顔面アップだったのが、結構身体が入り面白さが増してますcoldsweats01

 

 

 

Img_5100

 

エバンスアンティアスも綺麗にフレームイン!

 

 

Img_5092

 

メンタ(メス)も良い感じです。

 

 

 

Img_5088

 

カクレクマノミも表情豊かに撮れました!!

 

 

この武器(DCR-150)は、かなり期待通りの性能なので・・・後は私の無い腕を磨いて頑張るだけですsweat01

 

 

 

NEWマクロレンズに (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
カテゴリを成分解析

upwardrightブログランキングサイト参加中!押して頂けると嬉しいです。upwardleft

2010年5月15日 (土)

ソフトよ奮い立て

Img_5057 

昨日の水景。

 

 

底砂の茶ゴケと緑ゴケはご愛嬌。

 

 

 

Img_5069  

 

沖縄スジチヂミトサカパープルの子。

 

やっと全長3cm弱まで成長しました。

 

大型の親株を維持できなかった事からも分かるように、私の水槽でチヂミトサカはこんな子株で1ヶ月で5mm程しか成長出来ません。

 

ソフトコーラルでもチガイウミアザミ(パクパク)と紫花蔦(スターポリプ)は、それなりに成長するのですが、トサカ系は餌(栄養)の要求量が高いのか大型の物は維持が難しいです。

 

 

 

Img_5075

 

ツツウミヅタのアップ。

 

上品な色合いですね。

 

好きな珊瑚の一つなのですが避けてきた珊瑚でもあります。

 

海水やり始めた時に一度購入して☆にしたトラウマがあり、避けてきたのですが、トサカの子株が若干成長している事もあり再チャレンジです。

  

 

 

Img_5072

 

トゲトサカ?オレンジのアップ。

 

広がっても高さ4cmほどの小さなトサカなのでチヂミトサカと共に頑張ってほしいです。

 

 

 

Img_5039  

 

珊瑚のアップばかり撮っていると、陰からアカネハナゴイがジ~ッ。

 

 

 

 

ソフトコーラルに (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
カテゴリを成分解析

upwardrightブログランキングサイト参加中!押して頂けると嬉しいです。upwardleft

2010年5月14日 (金)

それぞれの現状

Img_5038 

薬物中毒並みに放心状態でコエダナガレハナに絡みつくカクレクマノミ。

 

ハタゴじゃなくてもこれで良いもん!って言ってそうです。

 

実際コエダナガレハナも絶好調なので好きなだけ共生してください。

 

 

 

 

Img_5045  

 

フトトゲサンゴの照明が当たらない場所でケントロピーゲが齧って骨格が露出した場所をねぐらにするバートレットアンティアスのメス。

 

結構寝心地がよろしいようで・・・。

 

タンクメイトが多くなってきたので寝床の争奪戦です。

 

 

 

Img_5061  

 

とうとう水面に到達してしまったミドリイシの先っちょ。

 

水面に広がっていくのでしょうか?

 

少しこのまま様子を見ます。

 

 

 

Img_5054  

 

濾過槽の狭いスペースでも逞しく、そして体表ツヤツヤを維持して生活するキヘリキンチャクダイ。

 

何故かストレス度は低いようで・・・。

 

肌艶ピカピカで絶好調みたいです。

 

 

 

 

それぞれ小さな満足に (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
カテゴリを成分解析

upwardrightブログランキングサイト参加中!押して頂けると嬉しいです。upwardleft

2010年5月13日 (木)

トサカも色々あるけれど♪・・・凹[◎凸◎;]凹

チヂミトサカのオレンジとして購入したトサカですが・・・一向に状態が上向きませんsweat02

 

好日性のトサカのセオリー通り、ちゃんと、ある程度の水流と、ある程度強い照明の場所に置いているのに・・・sweat02

 

 

そして・・・購入11日目でやっと気付きましたflair←遅い!!

 

これは陰日性のトゲトサカだろうと・・・。

 

と言う事なら、照明が強いと縮みまくるのには納得出来ます。

 

 

Img_5026 

 

早速、BB450直下でメタハラが間接的にしか当たらない場所に移動。

 

すると・・・半日で開花!

 

やはり陰日性のトゲトサカじゃん  ┐(´д`)┌ヤレヤレ

 

危うく駄目にする所でした  (^-^;

 

 

 

Img_5031

 

そのせいで移動させられたネジレカラマツは不機嫌になっていますpout

 

 

 

Img_5029  

 

2~3日前に仲間入りしたツツウミヅタ ナロータイプ。

 

言わずと知れた陰日性お花畑サンゴ。

 

何箇所かに分けて配置しているのですが・・・8割まで開花していますconfident

 

 

4月に入るまではハードコーラルの安定の為に、給餌が欠かせないソフトコーラルや陰日性は若干避けてきたのですが・・・。

 

2月に増設した約10Lの強制濾過が3月末から安定し出し・・・4月に入って大量発生し出した藍藻(シアノバクテリア)をレッドスライムリムーバー で叩き潰し・・・それによって不安定化したバクテリア群もEMの超大量投入で短期で安定させ・・・現在結構な量の魚への給餌やサンゴへの間接給餌にも、全く不安定さを出さない、超安定水槽になったので、安心して陰日性やソフトコーラルを増やせますwink

 

 

 

 Img_5032  

 

こちらは今日追加したヒダベリウミキノコ。

 

即ポリプ満開ですbleah

 

この類は褐虫藻が共生していますが間接給餌で成長も期待!

 

 

 

 Img_5036  

 

オオタバサンゴ。

 

タバサンゴ属はハードコーラルの中では楽勝サンゴの一つなので、水槽左ゾーンのアクセントとして仲間入り!!

 

 

  

 

サンゴ追加で観賞楽し! (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
カテゴリを成分解析

upwardrightブログランキングサイト参加中!押して頂けると嬉しいです。upwardleft

2010年5月11日 (火)

癒しの空間

Img_5002 

(自宅)珊瑚礁をバックに凛々しく泳ぐスミレヤッコ。

 

シマヤッコの攻撃に最近は慣れたようで・・・bleah

 

あしらい方が非常に上手くなっています。

 

逃げると言うより、かわすと言う感じですね。

 

立派なものです。

 

 

 

Img_5010  

 

プレデタースタイルのバートレットアンティアスのオス!

 

それにしても綺麗な色で、見ているだけで癒されます。

 

 

 

Img_5024  

 

こちらも凛々しい泳ぎのシマヤッコ!

 

水槽の中ではボスなので貫禄がありますhappy01

 

 

 

昨日カルシウムリアクターのメディアを買ってきたのですが・・・小粒ですが注ぎ足し注ぎ足しで使っていこうと思います。

 

ただ、縦長の筒なので古いメディアが下へ粉として詰まっていってるような気もし・・・全体的なメディアの量が減ってから新しいメディアを追加していかないとMJ1000が悲鳴を上げそうです。

 

となると・・・買っては来ましたが後2~3ヶ月は追加で入れないと思いますので・・・当初に買ったものは約2Lなので・・・その量で1年くらいはもつ事になりますが・・・このくらいの水槽ならそのくらいの消費量でSPSは十分成長していますし・・・問題無いと言う事でしょう。

 

 

 

 

凛々しいお魚たちに (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
カテゴリを成分解析

upwardrightブログランキングサイト参加中!押して頂けると嬉しいです。upwardleft

2010年5月10日 (月)

訪問問診活動

Img_4914  

 

我が家のスーパードクターフィッシュのホンソメワケベラ君hospital

 

 

 

Img_4978  

 

上得意先のヤエヤマギンポさんやら・・・。

 

 

 

Img_4937  

 

お得意様のシマヤッコとハナゴイ群を異常が無いか、訪問問診を欠かしませんcar

 

 

私もメンテナンスで腕を水槽に突っ込むとチクチクされたものですcoldsweats01

 

これが結構痛かったりするので・・・治療されたお魚たちがその後ホンソメを追い回している気持ちが良く分かります 凸(`Д´メ) 

 

 

 

ただ、最近は腕を入れてもホンソメは隠れて出てこなくなり・・・。

Img_4970  

 

変わりに、この2匹の登場となっています。

 

そう、ミカヅキコモンエビ部隊です (≧m≦)

 

 

Img_4673  

 

ホンソメ程では無いですが・・・結構チクチクします (^-^;

 

 

カクレはたまに怒っていますが ヽ( )`ε´( )ノ

 

他のお魚たちはあまり痛がっていませんwink

 

ソフトタッチのスーパードクターです。

 

 

我が家の訪問販売 (||´Д`)o=3=3=3 ゴホゴホ モトイ!

 

訪問問診ドクター達よ!

 

しっかりガンバってねbleah

 

 

 

オヤジギャグも冴えた所で (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
カテゴリを成分解析

upwardrightブログランキングサイト参加中!押して頂けると嬉しいです。upwardleft

2010年5月 9日 (日)

ミドリイシの剪定

Img_4972

 

スギノキミドリイシの剪定部分。

 

邪魔な部分があったので剪定したのですが、剪定して2週間も経つと、このようにジワッと骨格内部から滲み出るように共肉が湧き出します。

 

最初は骨格そのものの白色で、その後乳白色になり、徐々に薄茶色(褐虫藻色)になってきて、最後に本体の色に変化します。

 

勿論、十分な光が当たっている事が前提です。

 

先を剪定するとこんな感じですが、逆に根元を剪定すると・・・。

 

Img_4992 

これはハイマツミドリイシですが・・・共肉が巻くように剪定部分を覆っていきます。

 

ミドリイシは上下が有り、上へ伸びようとする生命力と、下は“取りあえず隠しとこ”みたいな大雑把さが少し面白いですねcoldsweats01

 

因みに剪定は植木バサミ系でやっていますhairsalon

 

何かの原因で白化してきた時は、進行性である場合は迷わず剪定しましょう。

 

一部でもカットして別にレイアウトしておけば、それが後々成長する可能性は大きいです。

 

 

 

 

Img_4954

 

 

バートレットアンティアスのオスはスマートで気品溢れる色合いが好印象です。

  

 

 

Img_4965

 

 

なので、ボテッと太ったメスに比べてひ弱にみえます。

 

体長ではオスが少し大きいですが、丸々太ったメスは体高で勝っています。

 

果たしてこの先もオスの威厳は守っていけるのでしょうか・・・少し心配になりますbearing

 

 

 

Img_4710

 

 

逆にアカネハナゴイの若オスは、まだオスになりきれていないのか、ボテッとして上クチバシもまだ出てこず、色だけ黄みが抜けて赤みが濃くなっている状態です。

 

ちょっと失礼かもしれませんが・・・まるで宝塚の男役のようです (^-^;

 

 

 

Img_4973

 

 

そんなことよりサンゴモエビが巨大化して少しコワイsweat02

 

餌が足りないのか・・・人工飼料やウミヒルモを食害しています。

 

特にウミヒルモが美味しいようで・・・ちゃんと仕事して~(。>0<。)

 

 

 

コワモテサンゴモエビに (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
カテゴリを成分解析

upwardrightブログランキングサイト参加中!押して頂けると嬉しいです。upwardleft

2010年5月 8日 (土)

マツバウミジグサよガンバレ p|  ̄∀ ̄ |q

Img_4990

 

ウミヒルモとマツバウミジグサを同じ場所に植えていたらマツバウミジグサが衰退し一株を残すのみとなってしまいましたsweat02

 

流石のウミヒルモの成長力です。

 

マツバウミジグサの最後の一株を裏のスペースに避難させてみました。

 

上手く増えると嬉しいですが・・・。

 

 

 

!!

Img_4974

 

見つかった! w(゚o゚)w

 

 

 

Img_4988

 

 

探さないでください (´・ω・`)

 

バレないように人間を観賞してたのに・・・。

 

 

うちのヤエギンは擬態は上手いのですが気配を消すのは苦手なようです。happy01

 

それにしても何だかムカつく顔!!

 

 

 

 

かくれんぼ好きのヤエギンに (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
カテゴリを成分解析

upwardrightブログランキングサイト参加中!押して頂けると嬉しいです。upwardleft

2010年5月 7日 (金)

ホンタコ物語  ~褐虫藻って好きですか?~  (*μ_μ)

 

Img_4951

 

コエダナガレハナコロニータイプ(ホンタコ)の開いている共肉の裏側から見た画像。

 

共肉を、余すところ無く膨らませているのが見て取れます。

 

骨格の白い部分は完全に共肉に包まれて、更にその共肉が完全にポリプとして膨らんでる。

 

この状態は、私の考えるチョウジガイ科サンゴの最高の状態です。

 

この状態になれば、骨格に栄養が行き届き、上手く行けば欠損部の再生も若干なら見込めます。

 

分かりにくいかもしれませんが約3週間前のこの記事と見比べて頂ければ、違いに気付かれるかもしれません。

 

因みに最悪時の記事

 

この個体は3ヶ月強前に購入した個体で、最初の1ヶ月半は良くも無く悪くも無く普通に開いていて、その後機嫌を損ねて危機的状況を経て、1ヶ月程前から徐々に回復し、今週購入後最高の状態にたどり着いた物です。

 

悪くなった原因は、冷凍餌の大量投入が続いた事による水質悪化と、極端な貧栄養塩状態で育ったと思われるクリア個体だった為、うちの水槽みたいに若干の栄養塩が存在する環境(試薬上はゼロ)に慣れていなかった事だと思われます。

 

環境の違いから、共肉内に増える褐虫藻の増殖に戸惑いながらも、なんとか順応に漕ぎ着けたようです。

 

今では、クリア個体とは口が裂けても言えない様な色に変色を遂げ、落ち着き払っています。

 

が、これこそが“MY水槽カラー”と言う事ですsweat02

 

因みにこの個体は、ワイルド物で自然界で一度危機的状況を体験し、その後再生したと見られる固体で、骨格が段々になっている珍しいタイプです。

 

 

 

長話の後にスミレヤッコなど如何でしょうか?

Img_4853  

 

 

Img_4975  

 

 

Img_4858  

 

 

 

絶好調のホンタコに (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
カテゴリを成分解析

upwardrightブログランキングサイト参加中!押して頂けると嬉しいです。upwardleft

2010年5月 6日 (木)

ハードコーラル水槽で丸々としたハナゴイ達

Img_4885

バートレットアンティアスのオス。

 

悠然と泳いでいるようですがアカネ大にはビビリ気味coldsweats01

 

 

Img_4905  

 

プレデターみたいに大きな口を開けてアクビ中ですが、余裕の現れでは無く緊張からかもしれませんsweat02

 

でも黄色とピンクって、非常に綺麗なお魚だと思います (o^-^o)

 

 

Img_4585  

 

だからと言ってアカネハナゴイの茜色も捨てた物ではありませんscissors

 

 

 

Img_4915  

 

ホンソメワケベラが横を通るだけでヒレを大きく開いてクリーニングの体勢になるアカネハナゴイ小。

 

 

 

ハナゴイって良いですね! (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
カテゴリを成分解析

upwardrightブログランキングサイト参加中!押して頂けると嬉しいです。upwardleft

2010年5月 5日 (水)

仮病ですか?でも元気になって何よりです   (--)v

Img_4145 

ホント何なんでしょうね ┐( ̄ヘ ̄)┌

 

3日前のお口が動かない病はケロッと治って、餌食べてるよ

(* ̄ー ̄*)

 

ひ弱な養殖カクレは面倒臭~い!coldsweats01

 

 

 

Img_4672  

 

ミカヅキコモンエビ君、アリガトねwink

 

重篤化せずに済んでいるのは、君たちクリーナーのお陰でもあります。

 

ホント、頼りになります (*^-゚)v

 

 

 

 

シマヤッコと珊瑚!

Img_4947

 

 

 

Img_4944  

 

 

Img_4913  

 

 

 

愉快な仲間?に (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
カテゴリを成分解析

upwardrightブログランキングサイト参加中!押して頂けると嬉しいです。upwardleft

2010年5月 4日 (火)

MY珊瑚礁

Img_4922 

月も変わって5月に入り、水槽の全体の景色は現在こんな感じです。

 

 

Img_4924  

 

左側のLPS群。

  

ワサワサのスターポリプsweat01

 

 

Img_4925  

 

右側のSPS群。

 

パクパクウミアザミが少し気持ち悪いsweat02

 

  

 Img_4916  

 

上から撮るとこんな感じ。

 

 

Img_4920  

 

PLフィルター(偏光レンズ)取り付けるとこんな感じに光の反射が抑えられクリアな感じになります。

 

 

 

藍藻が無いと嬉しいです (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
カテゴリを成分解析

upwardrightブログランキングサイト参加中!押して頂けると嬉しいです。upwardleft

2010年5月 3日 (月)

初クーラー稼動と虚弱体質のカクレクマノミ

Img_4688

 

 

今日は張り切っているミカヅキコモンエビ君happy01

 

 

Img_4324

 

 

お客さんはなんとカクレクマノミ君です。

 

非常に珍しいです。

 

 

Img_4896

 

 

こんな感じで大人しくクリーニングされているカクレクマノミ君。

 

普段なら寄せ付けもしないのでホント珍しいです ( ̄◇ ̄;)

 

これはカクレクマノミ君のエラか口に何か寄生しているようで、それを取ろうとしているのです。

 

カクレ君は昨日から口の動きが悪く、2日間餌を食べていません。

 

うちのカクレ君は養殖物なので基本身体が弱いです (T_T)

 

直ぐ調子を崩しては、治ってを繰り返しています。

 

養殖物でも強い固体も沢山居るでしょうが、淘汰されない分、弱い固体も沢山混じっています。

 

そしてうちのは弱弱ですcoldsweats01

 

WILDでは考えられない弱さなので仕方無いですが・・・それなりの大きさになっても中々産卵しないのも弱弱が原因かもしれませんweep

 

 

 

Img_4897

 

 

それに比べてウルトラ元気なシマヤッコは・・・

 

 

Img_4872

 

 

何時も餌場の監視役ですsweat02 

 

 

 

話は変わりますがレッドスライムリムーバー を投入して藍藻が水槽から姿を消してから早3週間。

 

今の所、藍藻が現れる気配はありません。

 

リバウンドを良く指摘されている商品ですが・・・大丈夫そうですcoldsweats01

 

どうやら水槽内のバクテリアのパワーバランスが藍藻か消えて更にEM結構入れることで変化しているようです。

 

藍藻(シアノバクテリア)とEMの主成分は同じ光合成細菌の仲間である為、藍藻が幅を利かせている間はEMを入れても少量ではパワーバランス的に負けてしまい、藍藻の更なる繁栄に繫がっていたのかも知れません。

 

光合成細菌同士の戦いでは藍藻が繁殖力も上なので、入れるならかなりの量入れたほうが成果が上がったのでしょうが、pH3.5をドボドボ入れる勇気が無かったのでそれはそれで仕方がありません。

 

そして乳酸菌パワーもやっと感じるようになりました。

 

淡水でEMは即効性がありましたが、海水ではやはり増殖の遅さを痛感します。

 

 

PS、27.5度で作動するクーラーが今年初めて動きましたsweat02

 

 

 

 虚弱カクレに (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
カテゴリを成分解析

upwardrightブログランキングサイト参加中!押して頂けると嬉しいです。upwardleft

2010年5月 2日 (日)

チヂミトサカのオレンジが綺麗で・・・ついsweat02

Img_4306 

スミレヤッコさんは中々シマヤッコさんと仲良くなれません (;ω;)

 

でもそれ程無茶苦茶にイジメられるでもなく・・・距離を置きながら牽制している感じですね。

 

 

Img_4888  

 

こちらのニシキテグリとは非常に仲が良く・・・今でもたまに一緒に餌探しをしています。

 

2匹の共通点と言えば・・・すみれ色が似ていると言えば似てますけど・・・あと・・・おちょぼ口もsweat02

 

 

 

Img_4709  

 

変わってアカネハナゴイは何故か3匹になったのにこの2匹は仲良しです。

 

もう1匹とも打ち解けてはきてますが・・・相性の問題でしょうか?

 

 

Img_4864  

 

バートレットとアカネは、たまに3匹づつで固まっていますが基本的には仲良く泳いでいます。

 

もう少しづつ数を増やしても楽しそう (* ̄∇ ̄*)エヘヘ

 

 

 

Img_4893  

 

チヂミトサカのオレンジタイプ!

 

ホンチヂミが少しづつ成長しているので、あまり大きくない個体ならチヂミ系も問題無しと思い、買ってみました (・・。)ゞ

 

オレンジのアクセントが出来て、水槽を眺めるのが楽しくなっています。

 

 

 

Img_4895  

 

同じく昨日購入したネジレカラマツ。

 

水槽が結構手狭になってきたので細長いこのタイプは隙間に配置できるので重宝します。

 

あまりネジレてませんが・・・結構前に骨格だけになってしまったヤギの弔いで挑戦してみる事に・・・最近はコエダナガレハナの為にフィトプラン+COM2水溶液を定期的(週1)に入れているので大丈夫かな?と思っていますsweat02

 

 

 

サンゴ追加に (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
カテゴリを成分解析

upwardrightブログランキングサイト参加中!押して頂けると嬉しいです。upwardleft

2010年5月 1日 (土)

観賞されているのは私?

Img_4891 

ヤエヤマギンポがこちらを観賞しています。

 

人間ウォッチングが大好きな子なのでこちらの動きに反応して目を動かしますsweat02

 

 

Img_4890  

 

たまに吠えていますsweat01

 

 

 

 Img_4865  

 

浅場ミドリイシの近況です。

 

ここ最近は何事も無く順調に成長しています。

 

 

 

人間好きのヤエギンに (m。_。)mポチッと応援オネガイシマス♪

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
カテゴリを成分解析

upwardrightブログランキングサイト参加中!押して頂けると嬉しいです。upwardleft

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

フォト

google

rakuten

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

撮影アイテム

お気に入り

  • チャーム本店。アクア用品も生体も、メジャーなものは、ほとんどここでお買い物。
    チャーム本店
  • ファッションとカメラの新しいカタチ。
    植物タンニンなめしの味わいある本革製品は魅力的。
    Fashion × Camera
    Title
  • 沖縄石垣島の老舗?アマモ系はここで購入してます。質は良いが納期が遅いのが難点。
  • 沖縄の宮古海水魚。宮古島産のイソギンやクマノミを直送してくれます。
  • 沖縄石垣島の海人さん。天然石垣島産のイソギンやクマノミを直送してくれます。
    Churauminettaigyo_4
  • ~マリンアクアリウムサイト同士を繋ぐリンクの輪~

ある日の光景

  • P1010023_2
    Diary Memory        スナップアルバム

アクアリウム        (Saltwater)

  • Pa130006_2
    海水水槽        スナップアルバム

アクアリウム        (Freshwater)

  • Img_0809
    淡水水槽        スナップアルバム

鉄道のある風景

  • P9210162_3
    その他鉄道 アルバム

寝台特急(日本海縦貫線)

  • Pb170046_2
    ブルートレイン「日本海」を主に、寝台特急 アルバム

紀勢本線

  • Img_2143
    紀勢本線及びきのくに線 アルバム

山陰本線

  • Img_1839
    山陰本線&福知山線 アルバム

camera

OLYMPUS オンラインショップ

Amazon (United States)

blogランキングサイト

20120131~

  • free counters

ケントロピーゲのバナー

  • ご自由にどうぞ♪
無料ブログはココログ

月齢(moon's age)