トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月24日 (水)

カクレクマノミのチビちゃん

メスが病気で死んでしまい、悲しくてゴハンもろくに食べなくなってしまったので見るに見かねてパートナーを買ってきてあげました。

F1000020

今度は大きな個体が見つからず、小さな個体に・・・。

メスを亡くして悲しみにふけっているのが4.5cmくらいなので3.5cmくらいを探し回ったんですが見つからず、3cm弱になってしまった。

でも、それが功を奏したのか結構楽しくやってるみたい。

ゴハンも食べるようになったし、メスに性転換するのも早いかも(o^-^o)

ハタゴの調子も戻ったし良かった良かった。

2008年12月23日 (火)

カクレクマノミまた発病

ニモのメスがまた病気になってしまいました。

今回はコメカミ付近に出来物みたいなものが発生。

携帯で写真を何枚か撮ってみたんですが白いバンドのところに出来ているので全くわかりません。

なので写真は無しですが(´Д⊂グスン

今回の原因で考えられることは、レフジュームろ過水槽のメンテ中に砂の中の硫化水素が本水槽に混じったことで病気が治って間の無い抵抗力の落ちたニモが何らかの病気を発病したと思われます。

硫化水素濃度が高くなるとハタゴイソギンチャクに反応が現れます。

それは、触手が縮んで若干苦しそうになるからです。

とにかく淡水浴で治療してみようと考えこの前と同じように治療しましたが、淡水浴の後に腹部や他の部分にも腫れが現れ、美容室から帰ってきたら★になっていました。

とにかく他の生き物に影響が出ないように、若干水換えをしてスキマーをオーバースキミングして硫化水素以外の原因物質を取り除くようにしました。

2008年12月22日 (月)

コエダナガレハナ

うちのコエダナガレハナ!

F1000020_2

向かって右のコエダナガレハナなんですがブランチタイプが引っ付いてコロニータイプになったような固体で、

Cocolog_oekaki_2008_12_22_22_30 左図(ちょ~下手な絵)のように上から見ると骨格があり、完全に繋がっています。

そのうちの1固体が徐々に溶けだし、全て死んでしまうのかと思っていたら1個体が全部溶け出したところでストップし助かりました。

そして今は溶け出しがストップしてから約1ヶ月が経ち、なんと生きている2つの共肉が骨格だけになった部分に再度広がろうとがんばっているように見えます。

サンゴは溶け出したら再生不可能と思っていたいたのですがビックリです。

今はがんばってまた元のように再生してくれることを祈るだけです。

2008年12月14日 (日)

カクレのポップアイその後

F1000020

画像右側のメスがポップアイになってたんですが、見事に治っちゃいました。

淡水浴は結局1回だけで良かったので体力的にも元気一杯です。

でも、悲しいことにこの前購入したシマヤッコが★になってしまいました。

結局、拒食症です。

なんだか悲しいので家の軒下で生まれた猫の写真で癒されよ~っと(゚ー゚)

F1000022

可愛いメス!(ちょっと怒らしてみた(^-^;)

F1000021

間抜けなオス!

2008年12月13日 (土)

淡水浴

カクレクマノミのメスが結構回復!

ポップアイになってから少し諦めかけていたんだけど、一昨日の夜に半信半疑で淡水浴を5分間してみたら今日になってほぼ回復してきました。

餌もバクバク食べるようになったし、完全回復も近いかな。

でも試してみるものですね~(*^-^)こんなに効果が出るなんて考えてもみなっかたけど。

もともと食欲旺盛で元気だったのが淡水浴に踏み切った理由で、今日やらなきゃどんどん体力が消耗されるから今しかないって感じで一か八かだったんだけど効果的面でビックリしたわ!

とにかくこのまま順調に回復してほしい!

今回実施した治療方法

  1. バケツに水道水を満タン入れ
  2. カルキ抜きを投入
  3. 温度調整不要のヒーター投入
  4. 温度がだいたい同じになればクマノミを(目が見えないから捕獲は容易)投入
  5. だいたい5分泳がす
  6. クマノミを水槽に戻す

コツはバケツにクマノミを入れたとき普通に泳ぐかどうかかな。

入れたとき硬直したようになったらphショックかもしれないので治療は諦め水槽に戻して飼育水を3分の1くらいブレンドしてあげて再挑戦。

でも飼育水を入れすぎると効果が落ちるので自己判断と自己責任で試すしかないかな。

2008年12月11日 (木)

ポップアイ

カクレクマノミのメスが・・・。

ポップアイになってしまいました(´・ω・`)ショボーン

F1000019_2

(向かって右側)

画像では分かりにくいけど、ひどい事に両目とも発症しています。

画像で見えてるのは左目でまだマシな方の目で、ひどいのは右目で左の倍くらいに膨らんでいます。

考えられる原因は、一昨日水槽に潜んでいるポール牧(パチンパチン音がする)を追放しようと(シャコだと嫌なので)怪しげなライブロックを片っ端から取り出して作業しているときに水槽内をかなり濁らせてしまったことで、結果的に感染してしまったようです。

両目なのであまり見えていないようで餌を入れても気づかない・・・。

ホント可哀想・・・。

時折見えていないので怖いのか、パニックをおこしてハタゴの影で暴れている。

しかも、ハタゴから一切離れようとしないし・・・。

オスがず~っと看病したそうに付いて回っているけど、どうして良いのかわからずに途方にくれているって感じ。

水換えぐらいしか知っている方法が無いし、困ったな~。

更に結局、ポール牧の真似をしていたのはテッポウエビでシャコでは無かったし、テッポウエビなら放っておいても害は無い(と思う)し、水槽内を掻き回すようなことしなければ良かった。と後悔。

ハタタテネジリンボウでも入れようかな~なんて楽しく考えてたのに・・・しばらく懺悔(u_u。)

2008年12月 9日 (火)

シマヤッコ

シマヤッコが仲間入り。

F1000001

今回で2回目の購入になりますがヴァヌアツ シマヤッコが馴染みの店に入荷していたので購入しちゃいました(4cm強)。

前回は2年前に何の知識もなしに近所の店でタイガースみたいな魚がいてると思って衝動買いしてしまったんですけど結局何も口にせず★になってしまいこの魚は買ってはいけないリストの自分の中でしちゃったんだけど、少し知識の入った今、ヴァヌアツのシマヤッコは食いが良いとある店で聞いていたので購入したんですけど・・・。

店では何も口にしておらず、現状冷凍コペすら口にしない状態です。

どうやら非常に怖がりな固体みたいで、しかもお店で確認したときは太っているように見えたのですが持って帰ってくるとあまり太っていないし。

う~ム、心配で寝不足になりそう(@Д@;

今回は生きてほしい~っと願うだけです。

2008年12月 8日 (月)

レモンピール

うちの一番偉そうなケントロピーゲ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

F1000015

幼魚のマークがまだはっきりと残っているんだけれど、他の住人を体全体を使って威嚇しに行きます。

本当に強いな~。

2008年12月 7日 (日)

今日は真夜中のハタゴとカクレ!

F1000018_2

ピンボケ(/・)

夜はカクレ夫婦がハタゴにくるまって寝ています。

うちのハタゴは光量不足でライト点灯時は光を求めてこれでもかってくらい開いています。メタハラに変えて少しはマシやけど・・・集光で真ん中だけ明るいので端にレイアウトしているハタゴは 「私にも光を~」ってな具合に広がってます。

ハタゴは蛍光灯でも長期飼育出来るけどノーマルの場合、ウルトラドノーマルに変色するので蛍光灯下ではカラーのほうが断然キレイ^^)V、でも蛍光灯の量次第で元の色よりはトーンダウンしちゃいますケド。

でもノーマルでもメタハラ下ではグリーンっぽくなったり、黄色がかったり、(←元の素質によるけど)若干ですが楽しめます。集光メタハラの真下に配置すればもっとキレイになるかな~っといつも思うんですがやっぱりメインは珊瑚礁がいいな~ってな感じでいつも端に追いやってます。←かわいそ~(ノд-。)クスン

2008年12月 6日 (土)

ハタゴイソギンチャク

1年ぶりにハタゴイソギンチャクを購入しました。

沖縄ノーマル(^^;

やっぱりカクレとハタゴ!楽しいよね~。

他のイソギンでも良いのだけれど(他の方が何しろ安い)ハタゴは定着条件を整えてやるとほとんどそこから動かないからレイアウトをあまり変えたくない不精な私にとってはこれかイボハタ以外ムリ~(ノд-。)クスン

前回は2年で★になってしまいましたが・・・。

今回は設備投資もしたし大丈夫?

F1000013_8

(右側のやつ)

前回飼っていたのは沖縄パープルで、蛍光灯で硝酸塩もかなり多い状態でちゃんと成長していた。

★になった理由は真冬のヒーター故障で大ダメージを与えてしまいその後やっとの思いで半分くらいまで回復したときにチョ~シに乗ってしまい濾過槽にあるものを投入!

良かれと思ってやった事が仇となり硫化水素?まみれに ・・・。

水槽ほぼ全滅でご愁傷様。

でも、ハタゴはサンゴなんかに比べるとかなり強いので(ハンドコート物に限る)、今回は大丈夫かな?

トップページ | 2009年1月 »

フォト

google

rakuten

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

撮影アイテム

お気に入り

  • チャーム本店。アクア用品も生体も、メジャーなものは、ほとんどここでお買い物。
    チャーム本店
  • ファッションとカメラの新しいカタチ。
    植物タンニンなめしの味わいある本革製品は魅力的。
    Fashion × Camera
    Title
  • 沖縄石垣島の老舗?アマモ系はここで購入してます。質は良いが納期が遅いのが難点。
  • 沖縄の宮古海水魚。宮古島産のイソギンやクマノミを直送してくれます。
  • 沖縄石垣島の海人さん。天然石垣島産のイソギンやクマノミを直送してくれます。
    Churauminettaigyo_4
  • ~マリンアクアリウムサイト同士を繋ぐリンクの輪~

ある日の光景

  • P1010023_2
    Diary Memory        スナップアルバム

アクアリウム        (Saltwater)

  • Pa130006_2
    海水水槽        スナップアルバム

アクアリウム        (Freshwater)

  • Img_0809
    淡水水槽        スナップアルバム

鉄道のある風景

  • P9210162_3
    その他鉄道 アルバム

寝台特急(日本海縦貫線)

  • Pb170046_2
    ブルートレイン「日本海」を主に、寝台特急 アルバム

紀勢本線

  • Img_2143
    紀勢本線及びきのくに線 アルバム

山陰本線

  • Img_1839
    山陰本線&福知山線 アルバム

camera

OLYMPUS オンラインショップ

Amazon (United States)

blogランキングサイト

20120131~

  • free counters

ケントロピーゲのバナー

  • ご自由にどうぞ♪
無料ブログはココログ

月齢(moon's age)